体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

実話ホラー『ウィンチェスターハウス』予告編解禁 増築され続けた幽霊屋敷がついに姿を現す[ホラー通信]

“2018年初夏公開”とアナウンスされ、日本全国の幽霊屋敷ホラー大好きっ子たちをソワソワさせていたホラー映画『ウィンチェスターハウス アメリカで最も呪われた屋敷』の日本公開日が6月29日(金)に決定。併せて予告編も解禁となった。

ウィンチェスター銃を開発した一族の未亡人サラ・ウィンチェスターが、亡霊の呪いを恐れて増築し続けた実在の幽霊屋敷“ウィンチェスターミステリーハウス”が描かれる今作。38年間、ひとときも休まず増築され続けてきたと聞けば、気になってしまうのはその内部。テレビ番組でも幾度となく紹介されてきた“ウィンチェスターミステリーハウス”だが、映画版のお屋敷は果たしてどんなもんじゃろか。今回の予告編では、その内部の様子がちょっぴり明らかとなっている。そして、そこに潜む“何か”の気配も……。

「なぜ増築し続けるのですか?」
「そうせざるを得ないの。彼らを閉じ込めるために

ウィンチェスター夫人にそう問うのは、彼女の精神鑑定をしに来た精神科医のエリック(ジェイソン・クラーク)。狂っているのは夫人か? それともこの屋敷か? ウィンチェスター夫人を演じるヘレン・ミレンの威圧感抜群の新画像も先日解禁されたばかり。ワクワクが止まらない『ウィンチェスターハウス』、公開を楽しみにお待ちあれ!

作品概要

『ウィンチェスターハウス アメリカで最も呪われた屋敷』
2018年6月29日(金)TOHOシネマズ シャンテほか全国公開
公式サイト:winchesterhouse.jp
【監督】マイケル・スピエリッグ&ピーター・スピエリッグ
【出演】ヘレン・ミレン/ジェイソン・クラーク/セーラ・スヌーク
【提供】ポニーキャニオン/REGENTS
【配給】REGENTS/ポニーキャニオン
2018/オーストラリア、アメリカ/英語/99分/スコープ/5.1ch/原題:Winchester/G

(C)2018 Winchester Film Holdings Pty Ltd, Eclipse Pictures, Inc., Screen Australia and Screen Queensland Pty Ltd. All Rights Reserved.

レイナスの記事一覧をみる

記者:

デザイナーと記者の二足のわらじ。ふだんはホラー通信(http://horror2.jp/)で洋画ホラーの記事ばかり書いています。好きなバンドはビートルズ、好きな食べ物はラーメンと角煮、好きな怪人はガマボイラーです。

TwitterID: _reinus

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。