体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

お願いを「聞いてもらえない人」あるある & 4つの解決法

お願いを「聞いてもらえない人」あるある & 4つの解決法

誰かに”お願い”をする際、必要なポイントを踏まえると聞いてもらえる確率が上がるとご存知ですか?コミュニケーションの1つとしても使える「お願い」は、プライベートやビジネスなどさまざま場面で使います。今回は、なかなかお願いを聞いてもらえない人必見の、お願いテクニックについてご紹介していきます!

失敗しがちなダメダメお願い例

あなたはどのように”お願い”をしていますか?お願いをなかなか聞いてもらえない人には、こんな傾向が見えたりします。

例えば、 「これ、やっておいて」…自分にとってしかメリットがないお願いをする 「誰でもいいからこの書類整理しておいて!」…とにかく誰かにやってほしいから、誰でもいいと言ってしまう。 「今日残業お願いできる?」…相手の意思を無視してお願いをする。 「この領収書、経費で落としておいてくれ」…必要最低限しか言わない

これらの傾向として言えるのが、”相手のことを考えずにお願いしている”という特徴があります。作業を依頼するだけであれば、シンプルにお願いしたいポイントだけを伝える方が効率的ですね。

ですが、お願いされる立場に自分を置き換えて考えてみてください。「誰でもいいからこの書類整理しておいて!」と言われたら、自分がやろうとは思いづらいです。もしお願いされたことに取り掛かったとしても、モチベーションは上がりません。その上、嫌々やっていることが相手に伝われば雰囲気も悪くなってしまいますよね。

お願いをするために要件をシンプルに伝えることは悪くない…はずですが、これは自分に置き換えるとなかなかお願いを受けたくないと思ってしまいます。また、先述した傾向は多くの人が無意識にやっている癖のようなものです。

自分の要望だけ伝えてない?

では、相手が快く受けてくれるようなお願いをするにはどうしたらよいのでしょうか。最初に考えてほしいのが「自分の要望だけを伝えない」ということです。

自分の要望だけ伝えるというのはとても簡単ですが、長い目で人間関係を考慮すると、今後の自分にとって悪い形で返ってしまう可能性があるんです。

1つ目は、相手にお願いを受けてもらえる可能性が下がってしまうこと。1度目のお願いはムッとしながらも、渋々受けてくれるかもしれません。ですが、2回目、3回目……と繰り返されると相手もウンザリ。「この間もお願い聞きましたよね?」とお断りされてしまう可能性も出てきてしまいます。

2つ目は、自分の周囲からの信頼度を下げてしまうかもという可能性です。毎回自分のことしか考えずにいると、周囲からは”自分大好き人間”のレッテルを貼られてしまいがち。レッテルを貼られるだけではなく、周囲から見たら他人のことをちっとも考えない人と思われやすくなってしまいます。

たかがお願いの仕方でここまで評判を下げてしまうのか?と思う人もいるでしょう。ですが、実際に可能性としてありえることです。”たかが”お願いの仕方の変えるだけでこれらの可能性を事前に防ぐことができるのであれば、変えてみた方がお得ですね!

即実践可能!お願いを受けてもらいやすくなる4つのポイント

自分の要望だけを伝えないためには、相手がお願いをどう受け取るかを考えるのが大切です。お願いを聞いてもらえる確率を高くするために考えておきたい、4つのポイントをご紹介します!


1. 相手にメリットがあるように伝える

1 2次のページ
リクナビNEXTジャーナルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。