体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ライバルを出し抜くには、他人がやらないことを「あえて」やったほうがいい | 任天堂信者・漫画家 ピョコタンさん

ライバルを出し抜くには、他人がやらないことを「あえて」やったほうがいい | 任天堂信者・漫画家 ピョコタンさん さまざまなシーンで活躍しているビジネスパーソンや著名人に、ファミコンにまつわる思い出から今につながる仕事の哲学や人生観についてうかがっていく本連載「思い出のファミコン – The Human Side –」。

今回ご登場いただくのは漫画家のピョコタンさん。漫画に限らずニコニコ生放送やYouTubeチャンネルを通じてのファンも多く、自ら「任天堂信者」を標榜し、同社の株主総会や新製品発売日のパフォーマンス等でネットメディアを中心に話題を集めること多数。傍から見れば奇想天外とも言えるその行動原理について、ファミコン遍歴と築き上げたキャリアから紐解いた―― ピョコタンさん プロフィール

1977年生まれ。東京都出身、千葉県市川市育ち。高校を卒業した1996年に『ボンバーマン4コマまんが王国3』で漫画家デビュー。おもな作品に『ピョコタンのマンガレポート』「アホ汁」シリーズ、『西日暮里ブルース』『ぼくは任天堂信者』。Twitter:@pyocotan

きっかけは「借りパク事件」

―― 「任天堂信者」のピョコタンさんですが、やはり所有していたゲームも任天堂の作品が多かったのですか?

僕がファミコン本体を買ったのが小学2年生、『スーパーマリオブラザーズ』が発売された1985年のことでした。スーパーマリオと一緒に買ったカセットが『忍者じゃじゃ丸くん』です。じゃじゃ丸くんはカエルに乗った忍者のパッケージがかっこよくて、まあジャケ買いですね。

ただ、任天堂のゲームばかり買っていたのかと言うとむしろそうではなかったです。そのあとも『スーパーアラビアン』だとか『パックランド』『ペンギンくんウォーズ』とか。そうやって友だちから借りたカセットも含め、いろいろなゲームで遊んでみてわかったのが、「やっぱり任天堂のゲームってクソゲーがなくて一定水準を超えたおもしろいゲームばかり出してるな」ということ。身銭を切りながら、体感的にわかってきたんです。

―― ファミコンにまつわるエピソードもいろいろお持ちかと思いますが?

やっぱり当時はファミコンカセットの借りパク(※他人から借りたままパクって自分のものにする行為)が横行していましたからね。誕生日に買ってもらった『マイティボンジャック』が借りパクされたのは特にショックでした。その経験から自分のカセットには、全部名前を書くようにしていました。

そんなこともあったので、親が対策として友だちを家のなかに入れないよう、玄関先で遊ばせるようになったんです(笑)。当時のホームビデオなんかも残っているんですけど、友だちがみんな玄関に座ってそこにテレビを置いてファミコンやっていました。

―― 漫画を描き始めたのもファミコンで遊び始めたころと重なるのでしょうか?

『スーパーアラビアン』や『ハイドライドスペシャル』とか、パッケージのイラストがやけにかっこいいと思えるカセットがたくさんありましたよね。ただ実際に自分で真似して描いていたのは『じゃじゃ丸くん』でした。10歳の頃には確実に描けるようになってましたね。漫画は少年ジャンプよりもコロコロコミック派でした。『つるピカハゲ丸』みたいなギャグ漫画からとくに影響を受けたと思います。小学生の時に書いた「将来の夢」

ゲーム会社に就職するか、もしくは漫画家か・・・

1 2次のページ
リクナビNEXTジャーナルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。