体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

[動画レポ]ハーベストショーもチラ見せ!『ラブ米』舞台第2弾もギリギリアウトなネタ満載[オタ女]

アニメ『けものフレンズ』が話題となったヤオヨロズ原作のお米擬人化オリジナルアニメ『ラブ米』が舞台化。昨年2017年11月に初演公演が行われ、2018年2月にはフェスを開催。そして2018年4月21日より、早くも舞台第2弾となる『RICE on STAGE「ラブ米」~I’ll give you rice~』が品川プリンスホテル クラブeXにて上演中。歌ありギャグありの米(コメ)ディ舞台を動画とともにレポートします。

※すべての画像・動画が表示されない場合はOtajoからご覧ください。
http://otajo.jp/72095

舞台版「ラブ米」、通称「米ステ」は、2.5次元作品とはいえ、原作のキャラクターはラブライスメンバーと稲穂学園の校長・もりのくまさん程度で、ほぼオリジナルキャラクターで構成。そこが自由度が増すところかもしれません。まあ、元からパロディづくしの『ラブ米』なので、キャラクターの縛りなど関係ないかもしれませんが……(笑)。

「米ステ」でも、米米フレンズにST☆RICE(スターリッス)、7つのドランゴンライスを集めると神米(シェンマイ)が現れるという伝説など、ギリギリアウトなワードのオンパレード。

初演に引き続き、今回もラブライス・ST☆RICE・GAZENBOYS・合鴨ブラザーズが出演。そして、“米米フレンズ”たちの前に立ちはだかる新たな穀物の刺客、謎のスーパーフード「フリーカ」が登場。穀一穀と忍び寄る魔の手に、米米フレンズはどう立ち向かうのかが描かれます。

フリーカの登場シーンは、クラブeXならではの設備を使ったド派手な演出で、その圧倒的な存在感を見せつけられます、たぶん。

舞台ならではの絶妙な間、ギャグやアドリブ満載で終始笑いどころが散りばめられ、かなり独特な空気感のある「米ステ」。

ST☆RICEのネリカ・平山・トヨハタモチの3人はアフリカからSafa☆RICE(サファリッス)に進化し戻ってくるなど、続編としての見どころも。

もちろん、「米(まい)ったね」「かわい稲(いね)~」「脱穀(脱出)できた」など、穀物に掛けたセリフも多く飛び出すので聞き逃がせない! 

また、アニメよりもお米や穀物の歴史、知識がたくさん詰め込まれているのが「米ステ」ならでは。今回も観劇した人は、「へぇ~、フリーカって低GIで玄米の4倍もの食物繊維が含まれてるんだ~」と、お米や穀物の情報をたくさん得て帰って行くのではないでしょうか。

1 2 3次のページ
nonの記事一覧をみる

記者:

アニメや可愛いものが大好き。主にOtajoで執筆中。

ウェブサイト: http://otajo.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。