体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

米T-Mobile、Androidスマートフォン低価格モデル「T-Mobike Prism」を5月6日に発売

米T-MobileがAndroidスマートフォンの新たな低価格モデル「T-Mobile Prism」を発表しました。同社との2年契約で$19.99というリーズナブルな価格が設定されています。長期契約無しの場合の価格は$149.99。発売日は米国時間5月6日(Best Buyのみ)。PrismはHuawei製端末。Huaweiが昨年夏頃に発売した「Sonic」がベースとなっています(モデル名は”Astro”)。ディスプレイは3.5インチ(解像度480×320ピクセル)、プロセッサはMSM7227 600MHz、RAM容量は256MB、ROM容量は512MB、背面に320万画素CMOSカメラを搭載。OSはAndroid 2.3(Gingerbread)を搭載します。Source : T-Mobile



(juggly.cn)記事関連リンク
HTC Sensation XLのAndroid 4.0アップグレードが実施中
Huawei、MediaPad(S7-301u)のAndroid 4.0アップグレードを開始
Android版「Dolphin Browser HD」がアップデート、画像の長タップメニューに「リンクを保存」が追加、画像ファイルのダウンロードが可能に

juggly.cnの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。