体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「パクってる?」「パクってないよ」 韓国アイス『スーパーコーン』が『ジャイアントコーン』に激似

韓国という国を最初に訪問したのは20年近く前のことなので、南大門市場だったか東大門市場だったかうろ覚えですが、上野のアメ横風ビルの中のお店で見かけた『GUCCI(グッチ)』ならぬ『CUCCHI(クッチ)』や、『G-SHOCK(ジーショック)』じゃなくて『C-SHOCK(シーショック)』といった絶妙なネーミングのコピー商品に衝撃を受けたのは何を隠そう筆者でございます。韓国という国を訪れる前に、アメリカで韓国製の『ペペロ』というグリコの『ポッキー』そっくりなお菓子に遭遇した経験もございます。


빙그레(Binggrae) 공식계정입니다.さん(@binggraekorea)がシェアした投稿 – 2018年 4月月4日午後10時04分PDT

その韓国で“ピングレ”という会社がグリコの『ジャイアントコーン』に激似の『スーパーコーン』というアイスを発売し、物議を醸しています。

韓経:日本製品パクリ議論…韓国企業「パッケージ変更を検討」
http://japanese.joins.com/article/448/240448.html[リンク]

グリコの『ジャイアントコーン』。「いい大人がアイスばっかり食べて」と奥さんに逆ギレされても、筆者は最近発売された『ジャイアントコーン 大人のチョコレート』が好きです。

噂の『スーパーコーン』。十数年前に、韓国の商社マンが「ブランド品やヒット商品をベンチマーキングした結果、コピー商品や類似商品が生まれてくる」と真面目に説明してくれたことを思い出しました。開発者も納得の出来なんでしょうか。

仕事を一緒にしたことがある韓国人男性は、日本に来て一番ショックだったことは韓国初のロボットアニメ『テコンV』のモデルが『マジンガーZ』だったと知った時と言っていました。『スーパーコーン』を食べて育った韓国の子供達が将来日本に来た時に、『ジャイアントコーン』にショックを受けないことを祈っております。

※画像:
http://www.bing.co.kr/brand/icecream/1393
http://www.glico.co.jp/ice/giant/index.html

※ソース:
http://japanese.joins.com/article/448/240448.html

―― 見たことのないものを見に行こう 『ガジェット通信』
(執筆者: 6PAC) ※あなたもガジェット通信で文章を執筆してみませんか

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。