体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

NTTドコモ未発表のシャープ製端末「SH-07D」がFCCを通過

シャープのNTTドコモ向け端末「SH-07D」がFCCの認証機器リストに掲載されました。FCC IDは「APYHRO00168」。

「SH-07D」というドコモ型番の機種は発表されていませんが、「AQUOS PHONE st SH-07D」というAndroid 4.0スマートフォンで、4.3インチFWVGAディスプレイとデュアルコアプロセッサを搭載、おサイフ/赤外線/ワンセグ/防水/おくだけ充電に対応、LTE(Xi)には非対応という情報が伝えられています。FCCの認証は、GSM 1900MHz、WCDMA 850MHz(Band V)、Bluetooth 2.4GHz帯のみ、Bluetooth、RFID(FeliCa)で取得しています。FCCの認証資料によると、SH-07DのそものはGSM(900/1800/1900MHz)、WCDMA 800(Band VI、XIX)、850(Band V)、1700(Band IX)、2100MHz(Band I)をサポートしているそうです。また、CPUクロックは1.0GHz、対応するSIMはドコモminiUIM(microSIM規格)となっています。Source:  FCC



(juggly.cn)記事関連リンク
Google、Google Playストアにおけるキャリア決済サービスの利用対象を拡大、映画/音楽/書籍の支払いでも利用可能に
HTC J ISW13HTの価格が判明
米国スマートフォン市場、Androidのシェアは51%に上昇(ComScore調査)

juggly.cnの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。