体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

自動で遮光調整するコンタクトレンズ、2019年にも商品化

米ヘルスケア製品メーカー大手のジョンソンエンドジョンソンは、周囲の光の量に応じて自動で遮光するコンタクトレンズを2019年にも発売すると発表した。

まぶしさを抑制でき、また目に刺激となるUVライトやブルーライトをカットしてくれるというもの。いわば遮光度合いを自動調整するサングラスのような機能を搭載していて、この種のコンタクトレンズは世界初という。

・FDA認可取得済み

このレンズは、光で色が変わるフォトクロミック素材を使ったレンズを採用している。アイルランド企業Transitions Optical社と共同で開発した。

商品名は「Acuvue Oasys with Transitions」。従来通り、視力矯正もでき、そこに遮光機能が加わる。すでに米国食品医薬品局(FDA)の認可を取得していて、2019年上半期にも発売される見込みだ。

・透明から濃いグレーまで

写真を見てもらえばおわかりの通り、レンズの色は透明から濃いグレーまで。暗いところでは透明、晴天下などではグレーとなる。

このレンズは光に反応するようになっているので、暗めの室内から明るい屋外へ出たときなど、レンズがさっと自動で遮光してくれるのだ。ただし、ジョンソンエンドジョンソンは「目全体を覆っていないので、サングラスに取って代わるものではない」としている。

このコンタクトレンズは2週間使い捨てタイプ。値段次第ではあるが、視力矯正もしながら、目の保護もできるとなれば、需要はかなりありそうだ。

Johnson & Johnson

Techableの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。