体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

[画像満載]サンリオキャラと触れ合う西山&梅原にほっこり!『学園ベビーシッターズ』ピューロイベントレポート

2009年より「月刊LaLa」(白泉社)にて、好評連載中の時計野はり先生による可愛すぎるベビーズとイケメンベビーシッターたちが贈るスクール子育てスクランブル漫画『学園ベビーシッターズ』のTVアニメが、1月よりTOKYO MXほかにて放送中。本作とサンリオキャラクターズとのコラボが実施され、3月4日にはサンリオピューロランドでキャストイベントを開催。

鹿島竜一役の西山宏太朗さん、狼谷隼役の梅原裕一郎さんが出演したイベントの夜の部をレポートします。

※すべての画像が表示されない場合はOtajoからご覧ください。
http://otajo.jp/71487

シナモンとプリンの可愛さに2人もメロメロ?

西山さんは虎太郎とコラボしたシナモンと、梅原さんは鷹とコラボしたプリンと一緒にステージに登場。最初の挨拶では、梅原さんの足をプリンがずっと踏んでいるというハプニングに会場からも笑いが起き、一気に和やかな雰囲気に。

2人に寄り添うシナモンとプリン。梅原さんのジャケットの裾をつかむあざといプリンの可愛さに、梅原さんも思わず笑顔に。事あるごとにプリンの顔をなでていました。昼の部よりも仲良く慣れた気がするという2人は、シナモンやプリンと見つめ合ったり、手をつなぐなど、仲の良さを見せつけます。

ハローキティのアニメを子供の頃に見ていた思い出もあるという西山さんは、サンリオの世界に来ることが出来た喜びの言葉を口にし、梅原さんは最近「ぐでたま」が好きなことを明かしました。

まず最初は、さまざまなお題についてのトーク。8話までで印象に残っているエピソードについて尋ねると、根津中吉の弟たちの回を挙げた西山さんに対し、梅原さんは犬井先輩登場回を挙げ、現場の雰囲気がより明るくなったと振り返りました。

それぞれの演じるキャラクターに似ている部分は?というお題には、西山さんと竜一が似ている部分を“女性にモテるところ”と茶化した梅原さんですが、別け隔てなく人と話すところが似ていると答えます。一方、西山さんは隼と梅原さんはクールでありながら周りを見ていてちゃんとフォローするところなど、コミックスを読んだときから似ていると思っていたと語りました。

また、ベビーズとその母親は同じキャストが演じていることについて触れ、鷹と母親の静の2役を演じる三瓶由布子さんの職人技に感動し、勉強になっているなど、アフレコ現場の裏側を明かしました。

お題は子供の頃の失敗エピソードに。西山さんは、子供の頃手を振ってくれる人が好きで、選挙カーで手を振る人を見かけると嬉しくて追いかけていたといった、ほっこりエピソードを披露。

1 2次のページ
nonの記事一覧をみる

記者:

アニメや可愛いものが大好き。主にOtajoで執筆中。

ウェブサイト: http://otajo.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy