体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「どうしてこんな子に育てたのか謎だ」これがホントのお姫様抱っこ! 天然系不思議ちゃんプリンセスに大困惑…… ~ツッコみたくなる源氏物語の残念な男女~

記念イヤーのトップを飾る、養女からのサプライズ!

女三の宮と源氏の結婚が決まり、破れた男たちはガッカリ。おまけに「冷泉帝も密かに後宮入りを期待していたが源氏に決まって諦めた」とまで語られます。まさに”ポスト玉鬘”だったプリンセスとの結婚も、実際はあまり嬉しくない感じですが……。結婚は年明け2月(旧暦)と決まり、源氏40歳の記念イヤーが幕を開けます。

公のイベントなどが色々と企画されますが、大仰なことが嫌いな源氏はこれらを辞退。そんな中、養女の玉鬘が子供(年子で二人目も誕生)を連れて、サプライズでお祝いに登場。玉鬘にとって、養父の源氏は実父以上の特別な存在でした。

彼女らしいセンスの光る素敵なお祝いに、源氏も大喜び。更に「自分ではいつまでも若いつもりでいるが、こうして孫を見ると年を取ったんだなあと思うねえ。夕霧も子どもができたらしいが、私にはまだ見せてくれないよ」としみじみ。

そういう源氏は40歳には見えないほど若々しい、と表現されていますが、見た目がどうあれ40歳は40歳。自分の年齢をつぶさに感じながら、久しぶりに来た玉鬘が早々に帰っていくのを、未練たっぷりで見送ります。

異例づくしの結婚!プリンセスをお姫様抱っこでお出迎え

2月に入り、いよいよ女三の宮のお輿入れ当日。それも源氏が准太上天皇なので、普通の結婚とは違い、後宮入りに近い格式で行われる異例のものです。お偉い方々が花嫁に付き従う中に、宮との結婚を希望していた藤大納言も不満そうについていきます。

六条院に到着すると、源氏は宮を車寄せからお姫様抱っこで抱きおろします。こうした対応も異例中の異例。まさしくこれがホントのお姫様抱っこ。何にしてもとにかく源氏もものすごく気を使っています。

派手な祝宴が続く中、源氏は”三日夜ルール”に従い、宮と夜を共にします。最終日の3日目、紫の上は源氏の衣装にお香を焚きしめながら、その辛さに耐えていました。思い悩む彼女の姿はとても美しい。このあたりは髭黒と前妻の描写にそっくりです。

源氏は改めて「どうしてこの人以外の妻が必要だったろう。ふとした気の迷いで思わず承諾してしまったが……」と思いながら「今晩だけは許して欲しい。今後も宮の方に通うようなら私は自分を許せない。でも、そうなったら兄上(朱雀院)がどう思いになることか」

紫の上は少し笑って「ご自分の気持ちですらおわかりになっていないのに、私が何を言えるの?」。源氏は困って、すぐには立ち上がらずグズグズ。その横で彼女は「目に近くうつれば変わる世の中を 行く末遠く頼みけるかな」と書いていました。いったい自分は何を末永くなどと思っていたのか……と。

源氏はますますかわいそうになって、命には限りがあるけれども、私達の仲は永遠だと返します。最後はちっとも宮の方へ行こうとしない源氏を、紫の上が逆に「早くあちらに」と追い立てる始末でした。やれやれ。

ウワサに同情のふりしたイヤミ……疲れが溜まりまくる妻

複雑な気持ちで源氏を見送った紫の上に、女房たちのひそひそ話が聞こえて来ます。「思いがけない事態になったわね。今までは誰もが紫の上さまに遠慮して来たのに、今後はどうなるかしら……」「面倒なことが起こらないといいけど」。

紫の上はこれを見過ごせず、自分から「私は宮さまがおいで下さってよかったと思っているの。まだ童心が抜けないせいか、あの方と一緒に遊びたいくらいよ。宮さまも事情があってお輿入れなさったのだから、私も何とか気持ちよく、お付き合いしていただければと思うの」。

1 2 3次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。