体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

SXSWで話題となった“食転送(食のテレポーテーション)”って何? “転送寿司”発案者に聞く

「東京では世界中の料理が食べられる」と良く言われますが、本物とはちょっと違う“〇〇風”のものだったりすることも多々あります。アメリカのフィラデルフィア名物、“チーズ・ステーキ・サンドイッチ”や、カリフォルニア州南部のメキシコ系移民が作る肉の塊がゴロゴロ入ったブリトーやタコスなどは、現地に行かないと食べられない味だったりします。ドラえもんがいれば、どこでもドアを使ってあっという間に食べに行けるのですが……。

どこでもドアを使って物理的になかなか行けない場所の食べ物を食べに行くのではなく、食べ物の味をデータ化して転送、データを受信した“ピクセル・フード・プリンター(Pixel Food Printer)”という3Dプリンターで食用ゲルにデータを出力し、味を再現するという画期的なプロジェクトが日本企業を中心としたプロジェクトチームによって進められています。

「転送寿司」コンセプトムービー / “Sushi Teleportation” concept movie(YouTube)
https://youtu.be/dSdPfKmOoDw

“食転送(食のテレポーテーション)”の実現を目指しているのは電通、山形大学、デンソーウェーブ、東北新社の共同プロジェクトチーム、“Team Open Meals(以下、Open Meals)”。Open Mealsは、米テキサス州オースティンで開催された『サウス・バイ・サウスウエスト2018(SXSW2018、以下、SXSW)』で、3月11日~14日までの4日間、“食転送”のプロトタイプ第一弾となる“転送寿司(スシ・テレポーテーション、Sushi Teleportation)”の展示を行いました。

Open Mealsの役割分担ですが、電通がプロジェクトの発案・企画・プロデュース、山形大学が3Dフードゲルプリンターの開発、デンソーウェーブがロボットアームの開発・制作、そして東北新社がプロジェクトマネジメント・映像制作をそれぞれ担当しています。今回、“転送寿司”を発案した張本人で、株式会社電通クリエーティブ局所属の担当者ご本人(以下、電通担当者)に話を聞くことが出来ました。

SXSWでの“転送寿司”ブースでは、寿司職人の代わりに“ピクセル・フード・プリンター”が寿司を“握り”ます。

―“転送寿司”はSXSWでかなり反響があったようですが、実際にはどうだったのでしょうか?

電通担当者:正確な人数は公表しておりませんが、4日間の展示期間中は常にブース前に人だかりができているほど来場いただきました。2日目以降はウェブ、SNS、現地のウワサを聞きつけて“転送寿司”ブースを目当てに来場する人も多くいました。3日目には「スシ・テレポーテーション」というと「あれは面白かった!」と、誰もが知っているコンテンツになっていました。SXSW出展により、提携オファー21件、イベント招致8件、投資オファー5件、取材掲載多数と、多くの反響をいただいております。配った説明チラシは4000枚超、名刺は400枚超だったと思います。

1 2 3次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。