体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

きっかけは7歳長男のひと言! グイグイ大脇さんが『うんち体操』を広めるクラウドファンディング立ち上げ

%e7%84%a1%e9%a1%8c

2018年3月15日、お笑いタレントのグイグイ大脇さんが『うんちは恥ずかしくない!「うんち体操」をグイグイ届けたい!』というテーマでクラウドファンディングを立ち上げた。

きっかけは大脇さんの7歳になる長男の一言だった。

「学校でうんちするのが恥ずかしい」

確かに学校のトイレでの排便はからかいの対象になりやすく、特に男子は使用する便器が異なるので大・小の違いがあからさま。

多感な年ごろなので、からかわれるくらいなら多少の腹痛でも我慢してしまう子どもが多いと言う。

長男の悩みをうけた大脇さんが「なにかできないだろうか」と奥さんに相談したところ

「体操でも作ってみたら?子どもたちにウケるような……うんち体操でも!(笑)」

とアドバイスされ今回の立ち上げに至ったそうだ。

『うんち体操』は歌のみ仮のバージョンが『YouTube』上で公開されているがいかにも軽快で楽しげ。

この歌と体操が流行し

「うんちすることは恥ずかしくない!」
「うんちすることは健康だ!」

というメッセージが広まることで世の子どもたちから少しでも偏見が取り去られ、健康な学校生活が送れるようになることを願いたい。

なおクラウドファンディングの具体的な目標として掲げられているのはうんち体操のプロモーションビデオ制作と日本各地でのコントやクイズ、関連絵本の読み聞かせ、倫理的なお芝居などを盛り込んだお笑いイベント開催。

100万円の目標額に対して2018年3月20日現在、173000円の支援が集まっている。

出資者には出資額に応じてプロモーションビデオへの出演権、大脇さんの半日レンタル権などさまざまな特典があるということだ。

※画像は『Ready for』より
https://readyfor.jp/projects/unchi-taisou

中将タカノリの記事一覧をみる

記者:

1984年生まれ。奈良市出身のシンガーソングライター、音楽・芸能評論家。加賀テツヤ(リンド&リンダース)の誘いで2005年にデビュー。音楽活動、タレント活動、執筆活動と多岐にわたる分野で活躍している。代表曲に「だってしょうがないじゃん」(2011年)。2016年からキャラクター、音楽制作を務める「うえほんまち ハイハイタウン」CMが放送開始。日本酒が好き。

ウェブサイト: http://chujyo-takanori.com

TwitterID: chujyo_takanori

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。