体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

オレゴン州の観光促進ビデオが宮崎駿インスパイア!? 元ネタ探しが楽しいぞ

アメリカ・オレゴン州の観光PRサイト『Travel Oregon』が公開した90秒のPR動画が、宮崎駿監督のジブリアニメにそっくりだと話題だ。森林や草原、渓谷の広がる大自然から、豊かな芸術・文化を育んできた都市まで、様々な景観をオレゴン交響楽団のオーケストラ演奏に乗せて“やや大げさに”表現したアニメーションを見てみよう。

動画:Only Slightly Exaggerated | Travel Oregon(YouTube)
https://www.youtube.com/watch?v=XXRBLyQQ78A[リンク]

森と川の描写は“もののけ”とか“トトロ”っぽい。人物からはほんのりディズニー風味も漂う。

ここなんかモロに“千と千尋”の釜爺でしょ!

ニョキニョキっと一瞬で草木が生い茂るのは“もののけ”“トトロ”かな?

流れ星が落ちて水がキラキラしながら盛り上がる。“ポニョ”と“ハウル”でこんなシーン見た!

自転車をシャカシャカ漕ぐところは“宮崎走り”の精神を感じるね。

少女が丘に寝そべる最後のシーンは“魔女宅”そっくり。

PsyopとSun Creature Studioが共同制作したこのPRアニメ。直接的な言及はないものの、Sun Creature Studioの監督は米林宏昌監督(『メアリと魔女の花』)とも親交があるなど、ジブリアニメから多大な影響を受けた人であることが分かる。元ネタを想像しながら見てみるのも楽しいぞ。

オレゴン州は北米西海岸に位置し、北をワシントン州、南をカリフォルニア州と接する、人口およそ414万人の州。最大都市のポートランドには64万人ほどが暮らす。アメリカ人がオレゴンに抱くイメージには、自然が好き、ハイキングが好き、サイクリングが好き、ビッグフットの住む森がある、コーヒーとビールばかり飲んでる、ヒッピーが多い、ポートランドしか街がない、カリフォルニアに対抗意識を持っている、といったステレオタイプな見方があるそうだ。四季折々の自然に触れられて、地ビールとワインが豊富。さらに消費税ゼロの買い物天国ということで近年、日本からの観光客が急増している注目の観光地なのだ。

画像とソース引用:『YouTube』及び『Travel Oregon』より
https://traveloregon.com/[リンク]

―― 見たことのないものを見に行こう 『ガジェット通信』
(執筆者: ろくす) ※あなたもガジェット通信で文章を執筆してみませんか

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。