体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「かっぱえびせん消費量日本一のワケはカモメとウミネコの餌」というツイートが話題に カルビー広報「弊社では把握しておりません」


「かっぱえびせん消費量日本一だというので嬉々としてカルビーの偉い人が現地調査に来たら、カモメとウミネコの餌として人気だと分かり落胆して帰っていった」というエピソードのある塩釜においでよ

追記:3月20日に塩竈市市民総務部政策課市政情報係の担当者の方から回答を頂戴しました。予想していた通り、「塩竈市が昔かっぱえびせんの消費量が日本一だったということですが、本市ではそういう事実は把握しておりません」とのことです。

これは4万6000件以上リツイートされるなど話題となったツイートですが、こちらを元に「数字はウソをつかないけど数字の裏にある真実は往々にして見えづらい」、「事実の裏に真実あり」といった切り口の記事を書こうと思い立った筆者。意気揚々と、「塩竈市はかっぱえびせん消費量日本一になったことがある」、「カルビーの偉い人が現地調査に行ったことがある」という2点が事実かどうか確認するためにカルビーの広報に問合せを入れてみました。

すると、「かっぱえびせんの消費量はどこが1番かは弊社では把握しておりません」、「偉い人が現地に訪問したかの事実は把握しておりません」という回答が……。えっ!? 空耳? なんか心が折れた音がしたんですけど。

真実の探求のためにはダブルチェックが欠かせない、ということでツイートをしたご本人と統計データを握っていそうな塩竈市役所に事実確認の問合せをしたのですが、こちらは2日待っても回答なしという結果に。

う~ん、困った。困ったぞ。ん、待てよ。ツイートには“エピソード”と書いてあるぞ。ひょっとして地元でまことしやかに囁かれている“噂話”というヤツなのかな。「かっぱえびせん かもめ えさ」というキーワードで検索してみたら、塩竈市に隣接する松島は日本三景の一つでもある有数の観光地で、現在は禁止されているものの、かつては遊覧船でカモメへのエサやりが人気だった時があったことが判明。エサとして『かっぱえびせん』が売られていた事実も。

あくまで推測の域を出ないのですが、おそらくこのエピソードに尾ヒレがついた可能性が高そう。


宮城県の塩竈市は昔かっぱえびせんの消費量が日本一だった頃があったらしくてカルビーの偉い人が何故なのか調べに来てカモメの餌って事を知った時に落胆したって親父が言ってた

2014年にも同様のツイートが。

遊覧船でのエサやりが禁止された前年の宮城県の統計データ(平成25年観光統計概要)によると、松島の観光客数は年間およそ552万人。低く見積もって観光客の30%程度が遊覧船でのエサやりを楽しんだと仮定しても165万6000人という数字になります。これだけの観光客がエサやりのためだけに一袋ずつかっぱえびせんを購入したら、すごい数字ですよね。繁忙期はあるでしょうが、単純に1年365日で割ると一日当たりおよそ4536袋のかっぱえびせんが売れるという計算に。都内の大手スーパーでもありえない数字じゃないでしょうか。

ということで、観光客に『かっぱえびせん』が飛ぶように売れた時があったのは間違いないようです。そりゃ、話を盛りたくなるわ、と妙に納得してしまいます。

「かっぱえびせん消費量日本一」というツイートは残念ながら事実ではなさそうですが、その裏には「松島は地元が誇る観光地」というあふれんばかりの地元愛が隠されているエピソードと言えそうです。

※画像:『Twitter』より引用
https://twitter.com/oimyg/status/972127249339097090

※ソース:
https://www.pref.miyagi.jp/uploaded/attachment/600135.pdf
http://www.town.matsushima.miyagi.jp/index.cfm/7,14283,22,130,html

―― 見たことのないものを見に行こう 『ガジェット通信』
(執筆者: 6PAC) ※あなたもガジェット通信で文章を執筆してみませんか

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。