体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

THEラブ人間、新体制初音源を配信リリース!松永太郎邦継が手がけたMVも公開!

THEラブ人間が2年ぶりとなる新音源「21世紀〝楽勝〟宣言」を配信リリースし、同時にMVも公開した。
THEラブ人間 (okmusic UP's)

わかつきるな(Ba)&富田貴之(Dr)加入後初の音源「21世紀〝楽勝〟宣言」は、坂本遥(Gu)脱退の3日後から録音を開始し、3年ががりで書き直して制作したもの。実にガムシャラで破茶滅茶に「俺が愛だの恋だの歌ってやる」とか、弱くも確かにこの時代を生きることを宣言した人間讃歌となっている。

また、同時公開されたMVは新進映像作家の松永太郎邦継が手がけており、人間の様々な風景を切り取った映像とともに楽曲の爆発力も表現されている。

そして、THEラブ人間主催のツーマンシリーズも6月30日を皮切りに開催されることが発表された。対バンは後日解禁予定だが、チケットは3月14日のライブ会場より販売開始!  こちらも是非、チェックを。
【金田康平コメント】

「21世紀〝楽勝〟宣言」は原曲が2015年2月だからもう3年も前から寝かしてた曲。

誰ともうまくやれない生きづらさを抱えながらも、この人生を謳歌してやるんだという大きなテーマを掲げ、何度も書き直して3年がかりで作った曲です。

俺もみんなも殺人鬼もテロリストも赤ん坊も老人も草花もそれぞれ善悪を持ってて、

それを口に出したり行動に移すと世の中から浮いちゃう、誰かに嫌われたり、人を傷つけちゃうというジレンマと

生きづらさは共通していて、じゃあ歌手としての自分が言えることは「それを全部俺にくれ」って思ったわけです。

俺が全部受け止めて、全部歌ってやるっていう覚悟の歌。

それはすごい難しいことだし、できるかもわかんない。

けど俺はそれを口にして堂々と傷ついたり汚れたりするんだ。それができれば人生楽勝だよな。って思いました。

大事なのは21世紀は楽勝じゃないけど、21世紀を楽勝に生きてやるぞ!っていう意気込みと覚悟なわけなんです。
配信シングル「21世紀〝楽勝〟宣言」
2018年3月14日(水)配信開始

■Apple Music

https://itunes.apple.com/jp/album/id1352865325

■Spotify

https://open.spotify.com/artist/5fJn0h6ZtPjwNZQcjCbdBI?si=abQGeqvPRhiZVMbTOOWnMA

THEラブ人間主催ツーマンシリーズ 『恐るべき子供たち』
6月30日(土) 渋谷o-nest

open/start 18:00 / 18:30

<チケット>

料金・前売 ¥2,500

共演・後日発表
 (okmusic UP's) (okmusic UP's)

エンタメ
OKMusicの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。