体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ミドリ安全の折りたたみ防災ヘルメット『フラットメット』で防災グッズの収納場所の悩みを解決!

3.11の東日本大震災で防災設備を見直したいと考えた企業は多いだろう。しかし、防災対策としてヘルメットを準備しておく必要性は感じるが、置いておく場所がないという悩みを抱える企業が中小企業を中心に多いようだ。そこで今回紹介するのは、ミドリ安全の折りたたみ防災ヘルメット『フラットメット(TSC-10 Flatmet)』! 折りたたむと厚さ3.3cmという驚きの薄さを実現し、2017年の発売以来、導入実績を伸ばしている防災グッズの人気商品だ。

 

「防災対策が行えない」企業が続出! 理由1位は「置き場所の不足」が原因

安全靴や作業着などの製造・販売をしているミドリ安全株式会社(東京都渋谷区)が、都内の中小企業の総務担当者300人を対象に防災対策の実施状態を調査したところ、37.7%が「防災対策を十分に行えていないと思う」と回答したという。さらに、東京都が帰宅困難者対策条例の中で企業への努力備蓄義務として制定している「3日分の水・主食・毛布の備蓄」が出来ていないと回答した総務担当者を対象に、なぜ備蓄できていないのかその原因を調査したところ、最も多かった理由は「備蓄スペースの不足」(46.2%)だったのだ。要するに、防災グッズを「置きたいけど置けない」という悩みを抱えているようだ。

ミドリ安全「フラットメット(TSC-10 Flatmet)」。新色のオレンジは視認性も高く、緊急時に役立ちそう

そこでミドリ安全では省スペースで収納ができる防災グッズとして、2017年5月に折りたためるヘルメット『フラットメット(TSC-10 Flatmet)』(収納時サイズ:幅355mm×高さ186mm×厚さ33mm・使用時サイズ:幅285mm×高さ150mm×厚さ208mm・重量:430g・実売価格 税込4,536円・販売中)のホワイトカラーを発売。また、同年10月には新色のオレンジも発売している。

いつ災害に遭うかわからない。備えは常にしておきたい

地震をはじめとする自然災害や火災など、いつ災害に見舞われるかわからない現代において、防災ヘルメットは自分の身を守るために重要な役割を持つ。省スペース収納できる『フラットメット』なら、防災グッズの収納スペースに悩む多くの企業の助けになり、経営者も従業員も安心して業務に従事できるはず! もちろん、一般家庭でも非常時の備えは重要。家庭に人数分の『フラットメット』を常備しておけば、災害時の不安も解消されるだろう。

 

業界最薄クラス! 場所を取らず軽量コンパクトな防災用ヘルメット

 

ミドリ安全 折りたたみ防災ヘルメット TSC-10 Flatmet フラットメット ホワイト

折りたたみ防災ヘルメット『フラットメット』の最大の特徴は、折りたたむと業界最薄クラス(2017年5月ミドリ安全調べ)の3.3cmとなる点。

1 2次のページ
おためし新商品ナビの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。