体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

豪華ってレベルじゃねえぞ! 優勝商品は1千万円超のヘリコプター! 台湾・香港・日本のトップ“17ライバー”が競った春酒パーティ

img_7946

スマホ一つでライブ配信が行える手軽さで若者に人気のサービス「17 Live」(イチナナライブ)。2月22日、台湾・台北マリオットホテルで春酒パーティ(新年会)を開き、日本、台湾、香港の人気ライバー総勢720人が一斉にライブ配信を行いました。そのパーティの内容が、まあ豪華でビックリ! 筆者の驚きと共にパーティの様子をレポートします。

img_7729

「17 Live」は、2015年に台湾で誕生したスマホむけライブ配信サービス。17ライバーと呼ばれる配信者たちが、自分の配信を見てくれるオーディエンス(ファン)にむけて、雑談したり歌を披露したり、直接コミュニケーションをとることができます。ファンは「いいね!」の意味でハートをおしたり、スタンプの様なギフトを贈ることで17ライバーを応援することが出来るのです。

img_7816

会場となった台北マリオットホテルの広ーい宴会場に17ライバーたちがぎっしり。

img_7726

おいしそうなご飯やワインなどのドリンク類が並びますが、とにかく皆さん配信が忙しい! 自撮りライトを駆使して、美しくカメラに映るテクニックは万全です。

img_7716 img_7719

こちらは日本人ライバー達のテーブル。台湾や香港が女性ライバーばかりなのに比べて、日本はイケメンライバーも多く活躍しています。

img_7834

配信中には司会者が各テーブルをまわり、インタビューしていきます。この司会の方、台湾の明石屋さんま的存在らしいです。

img_7860 img_2324

このパーティでは、国別対抗と個人戦の計3回の試合が行われました。ざっくり言うと、制限時間内にどれだけ多くのギフトを獲得出来るか、の勝負になります。上の写真は日本で圧倒的人気を誇る17ライバー、あーるちゃん。各国熾烈な戦いを繰り広げられる個人戦では、オーディエンスからの熱い声援とギフティングにずっと涙ぐんでいました。

1 2次のページ
藤本エリの記事一覧をみる

記者:

映画・アニメ・美容に興味津々な女ライター。猫と男性声優が好きです。

ウェブサイト: https://twitter.com/ZOKU_F

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。