体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「アクションが凄くて物語も深い!」人気YouTuberカンタ(水溜りボンド)が漫画家・種村有菜とマーベル対談

dsc_0125

人気漫画家の種村有菜さん(『神風怪盗ジャンヌ』ほか)が愛するマーベルのヒーロー映画について、注目の男性とトークする好評連載。第5回のゲストは、チャンネル登録者250万人を超えるYouTuber、水溜りボンドのカンタさん。マーベル映画の基本『アベンジャーズ』から、3/7(水)にMovieNEXが発売される最新作『マイティ・ソー バトルロイヤル』までついて語り合いました。

【種村有菜】プロフィール
漫画家。「りぼん」掲載の『2番目の恋のかたち』でデビュー。主な作品に『イ・オ・ン』、『神風怪盗ジャンヌ』、『満月をさがして』、『紳士同盟クロス』がある。現在は『31☆アイドリーム』を「MELODY」で連載中。アニメ化された作品も多く、『アイドリッシュセブン』アニメ版ではキャラクター原案を手がける。

【カンタ】プロフィール
相方のトミーと大学のお笑いサークルで出会い、コンビを結成。キングオブコント2014にて準々決勝へ進出。2015年にYouTubeに「水溜りボンド」チャンネルを開設し、ドッキリ、実験、検証、都市伝説、料理など、さまざまな動画の投稿を開始。毎日、更新を続け、2016年にはチャンネル登録者数100万人を突破。2017年には200万人を達成した。

■人気漫画家と人気YouTuberの異色対談! 「最初に観たマーベル実写化は『アベンジャーズ』」

―今回が初対面の種村さんとカンタさん。それぞれのジャンルにたくさんのファンがいるおふたりですが、まず自己紹介からお願いします。

種村:漫画家の種村です。YouTuberさんと対談するのはこれが初めてです。よろしくお願いします。

カンタ:こちらこそよろしくお願いします。もちろん種村さんのことは存じ上げています。僕はYouTubeで動画を配信していて、2年以上ずっと毎日、更新しています。

種村:今度じっくり見てみたいです!

―最近、カンタさんが『アベンジャーズ』を初めてご覧になったということで、ご感想などお聞かせください。

カンタ:僕はアメリカに住んでいたこともあるので、街ではマーベル・コミック(マンガ本)も売られていましたし、キャラクターとしてのアベンジャーズは知っていたんです。でも、この実写映画シリーズは見たことがなくて、今回、初めて見ました。あまりに面白くて、時間があっという間に過ぎてしまいました!

アベンジャーズ

種村:マーベル映画のファンなので全作を見ていますが、私も最初は『アベンジャーズ』から入ったんですよ。特にどのヒーローが気になりましたか?

カンタ:ひとり選ぶならアイアンマンですね! あのフォルムが日本の特撮ヒーローものにはない感じで好みです。キャラクター的にもトニー・スタークという普通の人間が変身して超人的なパワーを身につけるというところが好きですね。

ironman

種村:たしかにそうですね。同じアベンジャーズでもキャプテン・アメリカやマイティ・ソーは普段から超人レベルだから。

カンタ:映像もクオリティ高くて、演じているとかCGで描いていると分かってしまうレベルではなく、ヒーローたちが勝手に動いているぐらいの感覚になりますね。

種村:私も初めに好きになったのはアイアンマンでした。でも『アベンジャーズ』の後に、それぞれのヒーローの物語を見ていったら、『キャプテン・アメリカ』のシリーズがめちゃめちゃ面白かったので、キャプテンに“推し変”しました(笑)。

カンタ:そうか、女性はヒーローをアイドルみたいに見ているんですね!

640

種村:特にシリーズ第2作『キャプテン・アメリカ/ウィンター・ソルジャー』はおすすめですよ! 私はマーベルのヒーロー映画の中で最高傑作だと思っています。物語の時系列としても『アベンジャーズ』の続きの話になるので、ぜひ見てみてください!

カンタ:はい、見ます!『アベンジャーズ』を見ただけでも、キャラクターが立っていて、「この人たちが集まったら、そりゃケンカするだろうな」と思いました。

種村:そうなんですよ。アイアンマン派とキャプテン・アメリカ派に別れて対決するのが『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』ですね。これもすごく面白いですよ。

カンタ:わぁ、やっぱりアベンジャーズが対決するんですね! それはぜったい面白いでしょう!

7dd4c3f74f006b34bb1d70d7adebd54e

種村:この作品にはヒーローが10人出てきて、これだけたくさんいると普通つぶしあいになってしまうんですが、全員のキャラが立っていて見せ場があるのがすごい。脚本がよくできていると思います。

カンタ:日本の漫画原作ものだと、作品同士がクロスするってありえないですもんね。

種村:今年はこれから『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』が公開されるので(4/27)、これもたくさんのヒーローがどうクロスしてくるのか…。

カンタ:
最新作も気になりますね。そんなふうに毎年、劇場公開作があると、楽しみができていいですね。

種村:そうなんです。劇場最新作を見に行くたび、「マイベスト1の『キャプテン・アメリカ/ウィンター・ソルジャー』を超えたらどうしよう」とドキドキしているんですが、どの作品も面白いけれど、まだ『キャプテン・アメリカ/ウィンター・ソルジャー』を超えるものは出てきていないですね。

1 2 3次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。