体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

一人旅美女が体験する異国での“監禁生活”―― 映画『ベルリンシンドローム』場面写真 大量解禁[ホラー通信]

凶悪犯による理不尽な監禁の恐怖と被害者の心の機微を、女性監督が生々しく描き出すスリラー『ベルリン・シンドローム』が4月公開。

新しい国・新しい街で、出会ったことのない何かを求めていた主人公・クレアが巡り合ったのは、現地の好青年・アンディ。少しずつ距離が縮まり、これが恋に発展するのかと思いきや、クレアの予想を超えて恋は“長い監禁生活”へと発展してしまいます。

今作で注目したいのが、この悲劇の主人公クレアを演じたテリーサ・パーマーです。クレアというキャラクターを(おそらく)ほぼすっぴんで熱演し、等身大の女性としてリアルに浮かび上がらせた実力派女優・テリーサ。そんなテリーサが、2月26日で32歳の誕生日を迎えました。おめでとうテリーサ! これを祝しまして、今作の長い監禁生活を捉えた32枚の写真を一挙解禁! アンディとのつかの間の甘い時間、クレアの監禁生活における日常、その細やかな内面などが垣間見れるバラエティに富んだ32枚です。

果たしてクレアはこの生活から抜け出すことができるのか? 是非劇場でお確かめください!

『ベルリン・シンドローム』
4月7日より新宿武蔵野館ほか全国順次公開
公式サイト:http://berlin-syndrome.com/

テリーサ・パーマー32歳誕生日記念 『ベルリン・シンドローム』場面写真32枚

オーストラリアからベルリンへと旅する女性カメラマン・クレアは、現地で英語教師のアンディと出会う。

玄関のドアは開かない。クレアは自分が閉じ込められていることに気付く。

アンディの部屋の窓は強化ガラスで覆われていて、割って逃げ出すことはできない。

1 2次のページ
レイナスの記事一覧をみる

記者:

デザイナーと記者の二足のわらじ。ふだんはホラー通信(http://horror2.jp/)で洋画ホラーの記事ばかり書いています。好きなバンドはビートルズ、好きな食べ物はラーメンと角煮、好きな怪人はガマボイラーです。

TwitterID: _reinus

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy