体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ラップからプログレまで…トルコの最新インディーズシーン

ラップからプログレまで…トルコの最新インディーズシーン
J-WAVEで放送中の番組「ORIENTAL MUSIC SHOW」(ナビゲーター:サラーム海上)。2月16日(金)のオンエアでは、トルコの最新インディーズシーンを紹介しました。

最初に紹介した楽曲は、全身にタトゥーを入れた新世代ラッパー・Ezhelの「Alo」。アンカラ出身で、レゲエバンドのメンバーを経てソロのラッパーとして活動を開始、トルコ国内で頻繁にツアーを行いました。2017年に大ヒットした初ソロアルバム「Müptezhel」は、アンカラでのストリートライフを赤裸々に描いている作品だそうです。

続いて、「キツツキ」という意味の名前を持つ男性ラッパー・Agackakan の「Fatalerrorist」。タイトルは「死に至る」という意味の「Fatal」と「Terrorist」をもじっています。2017年のアルバム「A Naskvit」には、全12曲のダークでモノトーンな楽曲が収録されています。打ち込みではなく、生バンドのサウンドが特徴のアーティストです。

次に紹介したのは女性歌手・Tugce Senogul「Kaptan」。トルコの古い歌謡曲を思わせるメロディをインディー的なサウンドで表現した楽曲です。ナビゲーターのサラームは、イスタンブールの行きつけのバーでTugce Senogulと何度か話をしたそうで、この曲の和訳を頼まれたといいます。「彼女の夢の中で、夢を先導する船長に話しかけるような抽象的な歌詞」とのことで、サラームが対訳した歌詞は、「Kaptan」のYouTubeページに掲載されています。

オンエアでは、その他に、80年代イギリスのニューウェーブに影響を受けた女性2人組・kim ki oの「Sanki Hiç Durmadı」、イスタンブールのRed Bull Music Academyで注目されたエレクトロニカ・Seretanの「Thinking (feat. Ale Hop) 」、女性ラッパー・Aybenの「Yol Ver Dinle」、プログレッシブバンド・GEVENDEの「Omelas」と、トルコのインディーズ作品をさまざまなジャンルからピックアップしました。ぜひradikoで聴いてみてくださいね。

【この記事の放送回をradikoで聴く】
PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:「ORIENTAL MUSIC SHOW」
放送日時:毎週金曜 26時−26時30分
オフィシャルサイト:http://www.j-wave.co.jp/original/dc3/

J-WAVEニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。