体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

どこからどう見ても”オレオ”な『ノアール』、ついに! ヤマザキビスケットのオレオ愛が炸裂

ココアビスケットで甘いクリームをサンドした「オレオ」が中国製になり1年半。悲しみの涙に暮れていたオレオファンに、ついに朗報! ヤマザキビスケットが新たに開発した『ノアール』が、びっくりするほどかつてのオレオ感満載。その味もまた旧オレオに近いものだった。でもこれって、セーフなの!?

1年半ぶり、YBC(旧ヤマザキナビスコ)からリリースされた『ノアール』はどう見ても「オレオ」ではないか!?

ヤマザキビスケット(旧ヤマザキナビスコ)がナビスコとのライセンス契約を終了した2016年夏。長年みんなに愛されてきた「リッツ」は現「ルヴァン」となり、沢口靖子さんもリッツパーティからルヴァンパーティへと切り替えたのは有名である。一方、同じく人気を集めていた「オレオ」はモンデリーズ・ジャパンの販売となり、日本製から中国製になった。

 

「オレオ」の新旧商品比較は過去にご紹介させていただいたが、今回はヤマザキビスケットから新発売の「どうみても完全にオレオだよね」な『ノアール』(18枚入・希望小売価格 税抜220円・2017年12月1日全国発売)の正体を確かめてみたい。

シンプルなパッケージだが、PB商品ではない!

『ノアール』は、パッケージこそ日本国旗カラーの赤と白をベースにしているものの(オレオは青カラー)、その見た目はココアビスケットでクリームをサンドした丸いお菓子というどう見てもオレオな新商品。つまり世の中に「モンデリーズ・ジャパンのオレオ」と「ヤマザキビスケットのオレオっぽいノアール」のふたつが共存することになったのだ!

「黄金のレシピを、47年の年月をかけて磨き抜いた技術で、丁寧に焼き上げました」とは公式サイトの記載

 

「類似製品の製造販売の制限」期間が終了したことにより、見事にアノ味が復活!

「これってセーフなの?」と心配になるが、実はヤマザキビスケットとモンデリーズ・ジャパンの間には「類似製品の製造販売の制限」という取り決めが存在し、その期限は2017年11月30日。『ノアール』はなんと制限期間の翌日から発売されたということになる。そうまでしてオレオを取り戻したかったのか…と、ヤマザキビスケットのオレオに対する愛というか執念を感じずにはいられない。

『ノアール』はメイド・イン・ジャパン。現在の「オレオ」は中国製

新しく誕生した『ノアール』は、オレオと同じく9枚×2パック入りで計18枚入り。原材料は「砂糖、小麦粉、ショートニング、加工油脂、乳糖、ココアパウダー、ぶとう糖果糖液糖、コーンフラワー、カカオマス、乳などを主要原料とする食品、食塩/膨張剤、乳化剤(大豆由来)、香料」と表記されている。この原材料は、ナビスコブランド当時の旧オレオとほぼ同じ。

1 2次のページ
おためし新商品ナビの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。