体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

日本一美味しいTKGとは!? 彦麻呂の“アレンジ卵かけご飯”を専門家も絶賛

dsc_2258-3

1月29日のTBS『なかい君の学スイッチ』でアレンジ卵かけご飯(TKG)特集を放送。ゲストの彦麻呂らが自己流のアレンジレシピを紹介した。

番組では、ゲストが自己流の卵かけご飯レピシを披露。中でも評価が高かったのは彦麻呂のアレンジ卵かけご飯。

彦麻呂アレンジTKGは、まず、器にしらすと刻んだ大葉を入れ、醤油を垂らしたところに生卵を投入。そのままひとまず器の中でかき混ぜる。彦摩呂いわく「しらす入り黄身みたいになる」。それを、ごはんにかけてかき込むのが彦麻呂流。

早速“しらす大葉卵かけご飯”を試食するスタジオメンバーからも「大葉の香りがいい」「大葉がこんなに活躍するんなんて」と大好評。

カリスマ料理研究家・浜田陽子も「しらすはカルシウムが豊富。卵のビタミンDはカルシウムの吸収を高める働きがある。大葉でビタミンも補え、栄養面ですごくバランスが良い」と絶賛。

また、クックパッドやSNSなどネットに上がっている、美味しいとウワサのアレンジTKGレシピ50食を料理研究家・浜田と内山信二の2人が試して評価した、日本一美味しいTKGランキングも発表。

上位には、

・生卵を殻のまま冷凍し、少し解凍した状態でごはんにのせると、黄身がもっちりする“冷凍卵のTKG”

・普通の卵かけご飯にオリーブオイルを加えた“オリーブオイルのTKG”

・塩昆布とバターをのせた“塩昆布バターのTKG”

・脂肪になりにくくヘルシーなアボカドとわさびをのせた“アボカドわさびのTKG”

・お茶漬けのもとをかけて卵と混ぜるだけの“お茶漬けのもとのTKG”

・栄養バランス太鼓判の“塩昆布ネギごま生姜のTKG”

など、さまざまなアレンジTKGレシピが登場。

海苔と果物のみかんをのせた“みかんと海苔のTKG”が9位、ケチャップ・粉チーズ・パセリの“即席半熟オムライスTKG”が2位など、驚きの上位も。

多くのメニューを抑え、1位に輝いたのは、豆腐・刻んだねぎ・すりおろし生姜をのせた“豆腐生姜ねぎのTKG”。内山は「他にも美味しいものはたくさんあったんですけど、卵の良さを一番活かしていたのがこの組み合わせ」と評価。

他にもスタジオでは、刻んだキムチと明太子をのせた“キムチ明太TKG”といった、サバンナ高橋流のアレンジTKGを試食し、盛り上がった。

ちなみに、“しらす大葉卵かけご飯”はしらすの塩気もあるので、醤油は普段より少なめがオススメ。大葉の香りで上品な味わいになる。

大葉やねぎはキッチンバサミなどでカットすれば、かなり手軽に作れるアレンジTKG。評価が高かったレシピを試してみてはいかがだろうか。

ぽんの記事一覧をみる
ぽん

記者:

テレビが好きだポン。NHKの受信料はちゃんと払ってるポン。

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会