体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

平昌五輪:極寒の地で日本選手だけが放置!? スキージャンプ葛西紀明選手がトラブルを報告

2018-02-08-1

2月9日(金)の平昌2018冬季オリンピック開幕に向けて期待が集まる中、現地でトラブルが相次いでるようだ。

8度目の冬季オリンピック出場となるノルディックスキー・ジャンプ男子ノーマルヒルの葛西紀明選手は、5日に到着した選手村にて、部屋の暖房が故障していたと明かした。また、6人部屋には浴槽が1つしかないとも報じられている。葛西選手はさらに、8日未明に更新した自身のブログで練習中のハプニングを明かした。

練習を終えたのが22時前で、ここからなんと!
ハプニング。(・_・;

22時丁度のバスが待てど暮らせど来ない!
o(`ω´ )o
気温は–14℃

他のチームはとっくの昔に帰っちゃって、日本チームだけ取り残される。
しかも40分も!!o(`ω´ )o

開会式の練習だと言い聞かせながら耐え忍んでましたが、マジでなまら寒かった(*_*)

というハプニングもありましたが、なんとか選手村に帰って来て、しっかりキムチとコムタンスープを食べて、今は部屋でまったりしております。

ブログのコメント欄には「寒さの中、大変でしたね!」「体調を崩されないかとても心配です」「寒い中体調は大丈夫ですか??」と葛西選手のコンディションを心配する声が集まっている。

※画像は『葛西紀明オフィシャルブログ』より引用

しばざきだいすけの記事一覧をみる
しばざきだいすけ

記者:

映画とアニメが好きな学生ライターです。最近はスニーカーにはまっています。

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。