体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

映画『巫女っちゃけん。』広瀬アリスインタビュー 「ここまで反抗的な女の子を演じたことはなかったです」

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

夢も希望も胸もない女子が、親が宮司を務める神社の巫女になってさまざまな事件に巻き込まれていくというストーリーが、従来の巫女像を打ち破る内容になっている映画『巫女っちゃけん。』が2018年2月3日より全国で公開されています。主演のしわす役の広瀬アリスさんは、自身のイメージとは真逆の口が悪く反抗的な巫女像を演じていてファンにとっても新鮮な印象が与えられるのではないでしょうか。

ガジェット通信では、そんな広瀬さんにインタビュー。しわす役を演じるにあたってのポイントや映画の見どころ、撮影現場の雰囲気までお話しして頂きました。

mikocchyakenn_02

--今回、しわす役を演じられるにあたって、まずは最初に脚本をお読みになられた時にどう感じられたのかということからお聞きしたいと思います。

広瀬アリス(以下、広瀬):巫女さんの話で、自分にとって巫女の世界は知らなかったので、しっとりめのお話かなと思いきや、どんどん事件が起きてそれが大きくなっていく。とてもポップに巫女の世界を描いていて「面白いな」と感じました。

--しわすは、一般的な巫女さん像とは、ちょっと離れていますね。

広瀬:そうですね。かなり巫女さんのイメージとはかけ離れた女の子が主人公だなと。ここまで反抗的な女の子は、これまでの役でも演じたことがなかったので、すごく楽しみでした。

--グ・スーヨン監督から、役づくりや演技に対するアドバイスがあったのでしょうか?

広瀬:私が言われたのは、とにかく台詞のテンポ、人との会話のシーンのテンポを全部ずらしてほしいということです。台詞って、ポンポン続くのが普通だと思っていて。でもそこでワンテンポ、ツーテンポ遅らせて、ちょっと気持ち悪い間をつくると言えばいいのかな。そういったことをしてほしいというリクエストは頂きました。あとは楽しく暴れてほしいとか……。(巫女の)所作の練習はクランクイン前に1週間ぐらいだったのですが、「やってきたことはほとんど忘れてくれ」と言われたこともありました。

--しわすがちょっと間をおいてから、「はぁ?」と言うようなシーンが印象に残ります。

広瀬:そうですね。一回、右から左に流して、もう一回戻すというか。独特な、ちょっと気持ち悪い、「うん?」という間を作りました。

--今回、暑い中での撮影だったとお聞きしています。

広瀬:いやぁ……(苦笑)。もう本当に何気ないシーンでも暑くて。本当は巫女さんにも夏服と冬服があるんですけど、夏服だとちょっと透けてしまうということで冬服になったんです。めっちゃくちゃ暑くて(笑)。撮影中はずっと氷を頭の上に乗せていたりしていましたね。幸いにもメイクをほとんどしていなくて、髪もまとめているので、流れ落ちても大丈夫だったんですけど、酷暑だった時はバケツに水を入れて脚を入れて冷やしたりしてました。暑さとの戦いが一番大変でした。

--特に印象的だったのは、健太の母親の美和役のMEGUMIさんとの取っ組み合いです。

広瀬:あれは女性同士のグダグダ感というか(笑)。たぶん男性ならカッコよくなるのかもしれないですけれど、なんだかグダ~ッとした感じで、みんな本番中にクスクス笑ってました。ある意味シリアスなんですけれど、なんか笑ってしまうというか。それもこの作品らしいところなのかなって。かなり印象的で、面白いシーンだったなと思います。

--しわすがぶたれたり、蹴られたり、ナイフで切られたり、傷つくシーンが多かったような気がします。

1 2 3次のページ
ふじいりょうの記事一覧をみる

記者:

乙女男子。2004年よりブログ『Parsleyの「添え物は添え物らしく」』を運営し、社会・カルチャー・ネット情報など幅広いテーマを縦横無尽に執筆する傍ら、ライターとしても様々なメディアで活動中。好物はホットケーキと女性ファッション誌。

ウェブサイト: http://yaplog.jp/parsleymood/

TwitterID: parsleymood

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会