体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ボタン一つで遮光レベルを変えられるSpyのスキーゴーグル「EC Goggles」が画期的

スキーヤー、スノーボーダーは要チェックのゴーグルがこのほど公開された。米国のスキーアクセサリメーカーSpyの「EC Goggles」。

なんと、ゴーグル横についたボタン一つでレンズの遮光度合いを調整できるというもの。晴れてゲレンデが眩しいときには暗めに、曇ってきたら明るめにというふうに、常に視野を確保するのに役立つ。

・3段階で調整可能

EC Gogglesはエレクトロクロミック技術を活用した、One Lensを搭載している。ゴーグル横にくるボタンを押すと、二重になったレンズの間にあるフィラメントに電子パルスが送られるというものだ。

この電気パルスでフィラメントが変化し、光の透過率を変えることができるのだという。明るさは3段階で変えられ、天気や好みで調整が可能だ。

・グローブでも簡単操作

電気パルスで遮光度合いを変えるのでバッテリーを搭載し、フル充電すると150回の調整ができるとのこと。ちなみにバッテリーを含むモジュールはわずか25グラムなので、違和感なく装着できそう。

もちろん、グローブをはめた手でも操作しやすいよう、ボタンはやや大きめ。ボタン近くのLEDインディケーターではバッテリーの残量を確認できる。

山の天気は変わりやすい。晴れていたかと思ったら急に吹雪になったり、麓は霧だったのに頂上は快晴だったり。そんなときに、このゴーグルならすぐ対応できるので、快適性はもちろん安全性の向上にもつながる。

価格はまだ発表されておらず、サイトでメール登録すると発売日などをいち早く教えてもらえるようだ。

Spy

Techableの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy