体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ウォルト・ディズニー・ファミリー博物館の楽しみ方「彼のキャリアや人生、意見や感情を持ち帰ってもらいたい」

img_0041

アメリカ・サンフランシスコにある「ウォルト・ディズニー・ファミリー博物館」。ウォルト・ディズニーの軌跡を知ることが出来るディズニーファン必見のスポットです。ガジェット通信では先日訪問レポートをご紹介しました。

img_0078

ミッキー誕生からパーク構想までたっぷり学べる「ウォルト・ディズニー・ファミリー博物館」に行ってきた
http://getnews.jp/archives/2009753

スタッフさんに博物館の歴史や「ここを見て欲しい」などの注目ポイントを聞いてきたのでご紹介します!

img_0267

ウォルト・ディズニー・ファミリー博物館
マイケル・ラブリーさん(ディレクター・オブ・コレクション&エキシビション)

——あなたはこの博物館でどの様なお仕事をされていますか?

マイケル:僕はまず、ミュージアムに提供された新しい物を見ます。プライベート・コレクションだろうと、家族の一員からのものだろうと、アニメーターの家族からのものだろうとね。そういうアートを確認して、それをコレクションに入れるかどうかを検討したり、コレクションを保存して、運営したりします。ミュージアムには、プロフェッショナルの素晴らしいスタッフがいます。僕のチームには、保存したり、準備したり、(作品の)登録をしたり、展示するデザイナーたちがいて、展示を作り上げるためにとても密接に働いています。

——なぜこのミュージアムが建てられたのか?また、なぜサンフランシスコに建てられたのか、といったことについてお話しください。

マイケル:ミュージアムは、2009年の10月1日にオープンしました。ウォルト・ディズニーの娘のダイアン・ディズニー・ミラーによって作られたんです。僕は、展示を準備したり、彼女たちと一緒に仕事をしたり、素晴らしい経験をしました。ミュージアムがサンフランシスコにある理由の1つは、ダイアンと彼女の家族がこのベイエリアに住んでいたということです。2つ目は、ダイアンが、「ここは世界で最も美しい場所よ」と言ったことです。そして3つ目は、ここがアニメーションの拠点だからです。ピクサーは橋を渡った向こう側にありますし、ルーカス・フィルムもここプレシディオにあります。

——このミュージアムにはどれくらい作品数があるんですか?またその数は増えているんですか?

マイケル:ファミリー・ファウンデーション(財団)は、約35000点持っています。その約10%だけが一度に展示されます。だから、約3500点が展示されているわけです。特別展示などもあるので、その数は変わります。(特別展示には)さらに300点くらいが追加され、シアター・ギャラリーもあります。だから、ざっと約3500〜4000点があるでしょう。コレクションは増加し続けています。僕たちは常に、アートで僕たちが語れるストーリーを、出来るだけたくさん保存しようとしています。それで、喜んで寄贈を受け取るし、他のやり方で、取得するものを探したりもしています。

ウォルト所有のミニチュアなど貴重なコレクションがたくさん!

——ディズニー・ファミリー・ミュージアムのコレクションで最も古い展示物は何ですか?

マイケル:最も古いものとして思いつくのは、彼のミニチュアの1つです。後は、聖書で、銀の表紙です。それは多分、275年くらい前のもので、それが多分、もっとも古いものだと思います。そして、僕がその次に古い物ですよ(笑)。

1 2次のページ
藤本エリの記事一覧をみる

記者:

映画・アニメ・美容に興味津々な女ライター。猫と男性声優が好きです。

ウェブサイト: https://twitter.com/ZOKU_F

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。