体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

『ナチュラル・アメリカン・スピリット・オーガニック・リーフ・ONE』タバコ葉の上質部分のみ使用した贅沢極まる100%無添加オーガニックたばこ

アメスピの愛称で知られる「アメリカン・スピリット」から、認証オーガニック葉の葉脈や茎を取り除いた上質部分のみを使用したこだわりの『ナチュラル・アメリカン・スピリット・オーガニック・リーフ・ONE』が登場。美味しい低タールたばこを探している人に!

90年代末期に広がった無添加タバコブームの火付け役。クリエイティブ方面のファンに支持され続けるアメスピ・ブランド

アメリカン・スピリットはネイティブアメリカンのロゴマークとアーシーなカラーのパッケージが特徴の無添加たばこの代表格。アメリカ合衆国ニューメキシコ州サンタフェにて1982年に誕生し、当初は1本ずつ手詰めで生産されていたとの逸話もある。日本では90年代、人気ドラマ「踊る大捜査線」内で織田裕二演じる青島俊作巡査部長が吸っていたところから人気に火がついた。今もミュージシャン、俳優、芸人などクリエイティブな方面で強く支持されているブランド。

この紫色もシックで美しい。

アメスピ最大の特徴は無添加ということ。実はロゴマークにもなっているネイティブアメリカンの間ではタバコはそもそも神聖なものと位置付けられ、その煙は天に昇り、聖なるものと繋がると考えられていた。当時吸われていたタバコは自然によって育てられたナス科の植物から作られるもので、人工的というよりは、ナチュラルなイメージで捉えられていたという。

そんなタバコは、現代社会に普及するにつれて添加物を多く含むようになっていった。タバコ葉自体も大量生産のために農薬や化学肥料を使って栽培されるようになったし、紙巻きたばこの紙には燃焼促進剤という成分が添加されている。

初めてアメスピを体験したスモーカーが驚くのは、ぎちぎちに詰め込まれたタバコ葉の量と、燃焼促進剤不使用による火のつきにくさだ。葉巻を吸ったことのある人なら、タバコ葉というものは火がつきにくいのだなと知っているかもしれないが、知らないとライターでパッと火をつけたつもりが、燃えていないという事実に驚く。

紙巻きたばこの紙は、そうしたタバコ葉の燃えにくさを補うために、燃焼促進剤を含んでいる。紙がぐんぐん燃えていくことで、火が消えないようにするためである。だからアメスピを味わうには、ゆったりとした心構えが必要だ。できるなら葉巻用の軸の長いシガーマッチなどを使用して、ゆっくりと回転させながら炙って火をつけたい。ライターだと結構持つ手が熱くなりがち。それでも急ぎたい人は、バーナータイプのガスライターがおすすめだ。

 

アメスピならではの安全性考慮の100%無添加はそのままに、美味しさを追求した低タールたばこ

そんなアメスピから、『ナチュラル・アメリカン・スピリット・オーガニック・リーフ・ONE』(輸入・JT/販売・トゥルースピリット タール1mg/ニコチン0.1mg・20本入・価格 税込480円・2017年10月発売)が登場した。今までと何が違うのか。

1 2次のページ
おためし新商品ナビの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy