体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

迫りくるビートをライトセーバーで斬りまくれ ジェダイ気分を味わえるVRリズムゲーム『Beat Saber(ビート・セーバー)』

チェコのインディーゲームスタジオ、Hyperbolic Magnetism(以下、同スタジオ)が最新作となるVRリズムゲーム『Beat Saber(ビート・セーバー、以下本作)』のゲームプレイ動画を『YouTube』にて公開しています。

Beat Saber Gameplay Teaser(YouTube)
https://youtu.be/3rIjcRK_BNU

本作は、プレイヤーめがけて迫ってくるビートと同期した青と赤の2色のキューブを、両手に持ったライトセーバーのような青と赤の剣2本で斬りまくるVRリズムゲームです。いわゆる“音ゲー”と、スマートフォン用ゲーム『Fruit Ninja(フルーツニンジャ)』のような“スラッシュアクション”が融合したゲーム内容となっています。本作には短時間で楽しめるクイックプレイモードと、長く遊べるキャリアモードの2つのモードが用意されています。

Beat Saber Gamescom Preview(YouTube)
https://youtu.be/CyvdqaYIblA


ゲームズコム(gamescom)2017に出展した時の様子。

同スタジオは、Apple Design Award 2016受賞作『Chameleon Run』の開発元でもあるだけに、注目度は高いようです。

たった2人で作ったゲーム「Chameleon Run」がApple Design Awardを取るまで。そして,取ってから
http://www.4gamer.net/games/376/G037699/20170421140/[リンク]




同スタジオの面々。

2016年に開発がスタートし、1年以上の時間が費やされた本作は、HTC Vive、Oculus Rift、PlayStation VR(PSVR)向けに、2018年度第1四半期のリリースが予定されています。

『Beat Saber』公式サイト [リンク]
http://www.beatsaber.com/

※画像とソース:
http://presskit.hyperbolicmagnetism.com/sheet.php?p=beat_saber

―― 見たことのないものを見に行こう 『ガジェット通信』
(執筆者: 6PAC) ※あなたもガジェット通信で文章を執筆してみませんか

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会