体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ミッキー誕生からパーク構想までたっぷり学べる「ウォルト・ディズニー・ファミリー博物館」に行ってきた

img_0091

アメリカ・サンフランシスコにある「ウォルト・ディズニー・ファミリー博物館」。2009年に設立され、ミッキーマウスの生みの親であり、ディズニーの世界観を創ったウォルト・ディズニーの軌跡を知ることが出来る貴重な場所です。

img_0041

入場料は3,000円弱。営業時間は午前10時~午後6時’最終入館は午後4時45分)。どなたでも訪れる事が出来ます。

img_0285

早速博物館の中を見て行きましょう!

img_0052

館内には初期の絵、漫画、映像作品がたっぷり。

img_0074 img_0076

ミッキーマウスの前身であるオズワルドの誕生から、

img_0081 img_0078 img_0086

僕らのクラブのリーダー・ミッキーマウスがどの様に世界のスターとなっていったか、ファン垂涎の絵や資料を見ながら知る事が出来ます。

img_0089 img_0092

飾られているミッキーグッズの数々も最高! この雑誌に載っているレインブーツとか、今の時代も受け入れられるオシャレさですよね。

ディズニーアニメの歴史がズラリ!

img_0096

アニメーション作りのコーナーでは、映像や音へのこだわりをウォルト自身の肉声を聞きながら学びましょう。

img_0103

アニメーションの絵コンテが大量に飾られていたり、この時のアニメーションの作り方が一目瞭然。

img_0153

魅力的なキャラクター作りや表情のつけ方、

img_0130

絵に描いたものを実写にし、なめらかな動きを作るアニメーションの手法などが紹介されています。

栄光だけではない。暗い歴史も

img_0167 img_0168

筆者が個人的にこの博物館で一番勉強になったのが、ウォルトにとっての暗い過去。ディズニー社が成長していくにつれて、スタッフからのストライキがあったことも。

img_0192 img_0195

戦争のプロパガンダにキャラクターが利用されていたりと、成功の裏で様々な出来事があった事も語られています。

パーク構想の模型が超絶クオリティ!

img_0227

ディズニーリゾート構想についてのコーナーでは、

img_0237

精巧に作られた模型が。これ、メリーゴーランドなど動く部分もあってワクワクします。

img_0238 img_0253

この模型、ハッキリいって超楽しいです。一日中見てられるわ!!!

img_0643 img_0646 img_0645

ミュージアムショップにはここでしか買えないグッズも。筆者はTシャツ買いました! 店員さんが皆さん優しくてとても楽しかったです。

ディズニーファンなら必ず楽しめる「ウォルト・ディズニー・ファミリー博物館」。次回の記事では、ディズニー・アニメーションの魅力や、2月2日に初のMovieNEX化となる『バンビ』の魅力などをご紹介します。

ウォルト・ディズニー・ファミリー博物館(※英語)
https://waltdisney.org [リンク]

トリップアドバイザーでの情報
https://www.tripadvisor.jp/Attraction_Review-g60713-d1556974-Reviews-Walt_Disney_Family_Museum-San_Francisco_California.html [リンク]

61xedzsad0l-_sl1000_

『バンビ』
初回限定D23 Expo Japan 2018オリジナルワッペン付きMovieNEX(4,000円+税)2月2日(金)発売、デジタル配信中
(C) 2018 Disney
http://www.disney.co.jp/studio/animation/0562.html [リンク]

藤本エリの記事一覧をみる

記者:

映画・アニメ・美容に興味津々な女ライター。猫と男性声優が好きです。

ウェブサイト: https://twitter.com/ZOKU_F

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。