体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

罵詈雑言を受け流すWebマンガにさまざまな反応 「嫌いな人間に嫌われるのは本望」「知らない人からの悪意は怖い」

height_comic_01

特にネットだと、いわゆる「クソリプ」が殺到して心が乱されるということがしばしばありますが、画像SNS『pixiv』や『Twitter』に含蓄のあるマンガを投稿しているスルメロックさん(@surumelock)が「嫌う人へ」と題した新作をツイート。さまざまな反応が集まっていました。


さまざまな暴言を吐いて「どーだ、お前を嫌ってやったぞ」「悲しいだろ!くやしいだろ!泣いちゃうだろ!」とマウンティングしてくる人に対してひと言。「何を言っている…嫌われたくない人間に嫌われるから悲しいのだ。君に“嫌われたくない”と思わせる価値があるのかね?」というと、相手は黙ってしまいます。

このマンガに対しては「嫌いな人間に嫌われるのは本望」「敵に嫌われるのは当たり前」といった反応があったほか、次のようなツイートも。


自分に自信が持てる人は、他人に嫌われても跳ね返せますものね。
自信を持つのに特別な理由は必要なく、家族に愛されているだけでも十分です。
逆に子供時代、親に十分愛されなかった人は、問題を抱える事が多い様です。

一方で、「知らない人からの悪意は怖い」「リアルを突き止めようとするアンチもいる」「有名人じゃなくても特定されて嫌がらせを受ける時代」といった声が上がっていたほか、「厄介なのは嫌って攻撃してくる人間」といった意見や、「実際にはこんなに分かりやすくないからダメージを受ける」といった「ここまで割り切れない」といった人も見られました。

とりわけSNSでは、相手よりも上に立ちたいといったマウンティングをする人が目立つようになっていますが、それに対して無関心でいることが「嫌い」に対する有効な態度であるはず。過度な攻撃を仕掛けてくる相手には対処が必要になる場合もありますが、まずは相手の土俵に乗らないということが大切なのではないでしょうか。

※画像は『Twitter』より
https://twitter.com/surumelock/status/954185919468220416 [リンク]

ふじいりょうの記事一覧をみる

記者:

乙女男子。2004年よりブログ『Parsleyの「添え物は添え物らしく」』を運営し、社会・カルチャー・ネット情報など幅広いテーマを縦横無尽に執筆する傍ら、ライターとしても様々なメディアで活動中。好物はホットケーキと女性ファッション誌。

ウェブサイト: http://yaplog.jp/parsleymood/

TwitterID: parsleymood

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会