体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ウルトラセブンの『憧れのプロップレプリカ presented by ウルトラマンショップ 1/1アイスラッガー』爆誕 2月1日より予約受付開始

幼少時にウルトラマンごっこをしていた人達への朗報です。

1960年代に放送され、当時の子供達に絶大な人気を誇った『ウルトラセブン』。『ウルトラセブン』の必殺技と言えば、アイスラッガーとエメリウム光線でしょう。

『ウルトラセブン』の代名詞とも言えるアイスラッガーが、実際の撮影に使用されたものと同サイズ(全長約40cm)のレプリカとして、『ウルトラマン』の公式オンラインショップ「ウルトラマンワールドM78 怪獣デパート」で発売されることが発表されました。『憧れのプロップレプリカ presented by ウルトラマンショップ 1/1アイスラッガー』という商品名で、価格は税別5万円。展示用スタンドも付いてきます。予約のほうは、2018年2月1日(木)午前10時から同サイトにて受付開始。商品は、2018年4月下旬頃より順次発送予定とのこと。2018年5月以降は、全国の「ウルトラマンワールドM78」の一部店舗にて一般発売(数量限定)も予定されています。

『憧れのプロップレプリカ presented by ウルトラマンショップ 1/1アイスラッガー』予約
http://www.m78-online.net/shopping/?ca=281

CGがなかった1960年代の特撮用小道具として、著名な造形師の田中雷氏が制作したアイスラッガーのレプリカとなっています。歪みや曲がり、汚れなども忠実に再現されています。アイスラッガーを投げる特撮シーンでは、ピアノ線を使用していたそうですが、ピアノ線を通していた穴まで再現するというこだわりよう。また、アイスラッガー本体及び展示用スタンド共に「日本国内にて1点1点手作り」しているそうです。

『ウルトラセブン』のファンはもちろんですが、『ウルトラマンシリーズ』のファンにとっても垂涎の一品といったところでしょうか。

※画像とソース:
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000230.000022901.html

―― 見たことのないものを見に行こう 『ガジェット通信』
(執筆者: 6PAC) ※あなたもガジェット通信で文章を執筆してみませんか

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy