体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「バニラアイス+納豆」「カレーヌードルにうまい棒」話題のレシピ本『どん二郎の作り方』収録の料理を作ってみた!

ガジェット通信のノジーマ記者が執筆したレシピ本『世界一美味しい「どん二郎」の作り方』(宝島社)がいい感じに話題になっているようです。

前代未聞のネタ系おもしろレシピ本『世界一美味しい「どん二郎」の作り方』が凄い! 簡単珍食レシピ60ネタを収録
http://getnews.jp/archives/2005619 [リンク]

日清食品のカップうどん『どん兵衛』に牛脂やニンニクなどを投入し、ラーメン二郎風の味に仕立てた『どん二郎』がドーンと掲載された表紙は相当なインパクト。書店で思わず手に取り、そのまま購入したという方も多いのではないでしょうか。

収録されている他のレシピを実際に作ってみた!

実はこの本には『どん二郎』のレシピはもちろんですが、他にも59ものB級レシピが掲載されているのです。しかもどれも『どん二郎』に負けず劣らず強烈なものばかり。これらのレシピが明るみに出ないのはもったいない!

というわけで、収録されているレシピの中でも簡単でインパクトの強いものを、実際にガジェット通信編集部で作ってみることにしました。

1品目 ネバネバ納豆のトルコ風アイス

まず最初に試してみるのは、納豆のネバネバを使って普通のバニラアイスをトルコ風アイスのように伸びるアイスにしてしまうという衝撃レシピ。

掲載されていた写真のインパクトは凄まじいものがありますが、バニラアイスに納豆の味やニオイが混ざってしまってはたまりません。「全然気にならない」と書かれていますが、実際にはどうなのでしょうか。

まずは本に掲載されている通りに、納豆を小皿に移してしっかりとかき混ぜてみます。

納豆がネバネバしてきたら、納豆は元の容器に戻します。小皿には納豆のネバネバだけが残りました。

そして、この上からバニラアイスを投入し、全体をかき混ぜます!

すると、本当にバニラアイス全体が納豆のネバネバを吸収し、トルコ風アイスのように伸びるようになりました。これはおもしろい!

しかし気になるのは味とニオイが納豆風味になっていないかどうか。ところが納豆が苦手な人に食べさせてみても「言われないと全然わからない!」と言って普通に食べていました。どうやら本当に納豆のネバネバだけがバニラアイスにうつるようですね。

1 2次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。