体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「若い女にうつつを抜かすような夫はもう戻らない」異常行動であわや大惨事!? 正妻の嫉妬が火を吹いた焦げ臭い泥沼別居劇 ~ツッコみたくなる源氏物語の残念な男女~

夫婦仲を冷え込ませた年上妻の”異常行動”とは

注目の的だった玉鬘といきなり結婚し、世間の話題をかっさらった髭黒。長年連れ添った年上の正妻と3人の子供には目もくれず、今はひたすら新妻・玉鬘を迎えるためのリフォームを急いでいました。

目の前で新しい女のための増改築工事が進められることが、どんなに傷つくことか。ナレーションは「色男というものはどの女性にもわけ隔てなく接するべきで、誰か一人だけを偏愛するのはNGなのに、恋に不慣れな髭黒はそういった配慮がない」と説明。でも突然恋に狂ったオジサンに、そんなことを求めても無理でしょう……。

この正妻の父親は式部卿宮で、実は紫の上の異母姉です。若い頃は美人だったのですが、いつの頃からか物の怪が取り憑き、異常な行動を取ることが増えました。最近は正気でいる時間も少なく、髭黒との不仲もこれが原因です。

元の性格は物静かでおっとりとしているのに、いったん物の怪が憑くと人が変わったように荒ぶり、手がつけられなくなります。そんな彼女が主婦なので、家の内も散らかり放題でした。

玉鬘のようにパッとした顔立ちではないものの、昔は小柄で上品な美人だったこの奥さん。でも今は病気のためにやせ衰え、髪もすっかり薄くなり、残った髪も梳かさないので涙でガチガチ。髭黒が「ばあさん」呼ばわりしていたのもこの辺が原因でしょう。髭黒も辛抱してきましたが、さすがにもう我慢の限界だったのです。

髭黒が妻子を捨て六条院に入り浸り……という話を聞いた式部卿宮は「若い女にうつつを抜かすような夫は、もう戻らないだろう。いつまでも未練がましいのは恥さらしだ。うちに帰ってきなさい。この父がいる限り辛い思いはさせないよ」と、引っ越しの日時を決めてしまいました。

それでも正妻の心はなかなか決まりません。「夫に捨てられたからって、実家に出戻るなんて」と、ますます具合が悪くなって寝込んでいます。髭黒のお手つきになっていた2人の女房・木工(もく)の君や中将の君も「本当にひどい話だわ」と一緒になって嘆いていました。

「実家のことまで悪く言わないで」別居話で大モメ

妻が実家に帰るかもしれないと聞いて、さすがの髭黒も慌てます。「昨日今日一緒になったわけじゃない。長年連れ添って3人の子供もいる仲じゃないか。新しい妻を迎えても、あなたのことはおろそかにしないつもりでいるよ。

とにかく六条院というのは華やかすぎる場所で、私が通婚をするのは何とも落ち着かないから、それだけの理由なのだ。今しばらくはギクシャクするかもしれないが、長い目で私の愛情を見届けて欲しい。

義父上(式部卿宮)も短気な方だ。たとえ気に入らないことがあっても、行動に移すというのは軽率なのに……。宮さまともあろう方が、本気で仰っているだろうか?婿の私を懲らしめるおつもりか」。

奥さんは親を馬鹿にされたようでシャクに障ります。「私のことをイカれたばあさん呼ばわりするのは結構ですけど、実家のことまで悪く言わないで下さいな。

私はあなたの行動に今更どうこう言いません。ただ私の情けない現状を、両親がひどく悲しんでいるのが辛くて。実家に帰ったところで、一層親を嘆かせるだけだと思うといたたまれないのです。

ただ、源氏の君の奥方……紫の上という人は私の異母妹。別れて育った縁薄い妹とは言え、あなたと新妻(玉鬘)の間を取り持つなんて許せないと、両親は思っているみたい。私はもう何とも思わず、成り行きを見ているだけですけれど」。奥さん、正気だと結構まとも。

「なんてことを言うんだ。とんでもない!紫の上さまはこの件には一切関わっておられない。何もご存じないのだ。まったくの誤解だよ!

1 2 3次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。