体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

重量86gで手のひらサイズのセルフィードローン『Kudrone』レビュー 屋外でも飛ばせる3万円以下の入門機

重量86gで手のひらサイズのセルフィードローン『Kudrone』レビュー 屋外でも飛ばせる3万円以下の入門機

ソフトバンク コマース&サービスが2017年12月に発売したセルフィードローン『Kudrone(クドローン)』のレビューをお届けします。

kudrone2 kudrone3

『Kudrone』は、中国のRuix Technology社が開発した小型のセルフィードローン。オプティカルフローセンサー、超音波センサー、電子コンパス、3軸加速度計、気圧計などのセンサーを搭載し、GPS/GLONASSの位置情報システムを採用することから、屋外での飛行もスペック上は可能な本格的ドローンです。

重量は86gと軽量で、日本の航空法が定める飛行ルールの対象となる「無人航空機」ではなく、200g未満の「模型航空機」に相当する機体。このため飛ばす際に事前の申請は不要ですが、東京都の都立・区立の公園では軽量のドローンも飛行禁止。都内では室内で飛ばすのが現実的と言えそうです。

kudrone4 kudrone5

標準で付属するキャリングケースに、本体、2個のバッテリー、充電器、プロペラガード、予備プロペラ4本を収納可能。持ち運びに便利です。

kudrone6 kudrone7

バッテリーは30分程度で充電が完了し、満充電の状態で最長8分の飛行が可能。バッテリーを本体に挿入すると電源がONになります。

kudrone8

iOS/Android用アプリの『Kudrone』をインストールしたスマートフォンから操作が可能。ドローン本体のWi-Fiに接続してアプリを起動するだけなので、準備は簡単です。

kudrone9 kudrone10

アプリからの自動離陸や、手のひらから空中にトスする操作で離陸が可能。多少位置を微調整する操作が必要ですが、安定してホバリング飛行します。注意したいのが、機体のカメラを自分に向けた、“セルフィーを撮れる状態”を基準に操作するということ。右のバーチャルパッドを前方向(画面の上方向)に操作すると、機体は自分から離れる方向に進みます。「カメラが向く方向が前」と考えていると、前後左右が逆に感じるため、少し慣れが必要です。

kudrone11

800万画素カメラは、4K 1080pの動画撮影が可能。

kudrone12 kudrone13

静止画、動画とも、トイドローンと比べると画質は良好。晴れた日に屋外で撮影すると、きれいな絵が撮れるのではないでしょうか。

kudrone14

カメラでの撮影には、別売りのmicroSDカードが必要。本体を入手した際には、microSDカードのご用意もお忘れなく。

『Kudrone』は、家電量販店、SoftBank SELECTIONオンラインショップ、Amazonで販売中。価格は2万5370円です。外でも飛ばせるドローン入門機として検討してみては。

shnskの記事一覧をみる

記者:

宮原俊介(編集長) 酒と音楽とプロレスを愛する、未来検索ブラジルのコンテンツプロデューサー。ゲームコミュニティ『モゲラ』も担当してます

ウェブサイト: http://mogera.jp/

TwitterID: shnskm

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。