体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ベッカムの息子から注文が入って大興奮! →音信不通になって大量の在庫を抱えた小さな飴工房に同情集まる

sweets_kintarou_ame

1月15日放送の『激レアさんを連れてきた。』(テレビ朝日系)にて、「家族経営の小さな飴工場なのに突然ベッカムの息子から注文が入り、大チャンスかと思って作った飴が3000個も倉庫で眠っている会社の人。」が紹介され反響を呼んでいます。

番組に登場したのは、オーダーメイドで飴を注文できる名古屋の飴工房『まいあめ工房』で広報をしているサエコさん。彼女は宣伝のために、様々な絵柄の飴を撮影して『Instagram』に掲載していました。

ある時、元プロサッカー選手デビッド・ベッカムさんの息子、ブルックリン・ベッカムさん(以下、BBさん)から「個人でも飴をオーダー出来るのかい?」とメッセージが届きます。ベッカムさんの息子とは気がつかず、当初は通常通りにやり取りをしていた同社。その後、『Instagram』フォロワー数1000万人のスーパー海外セレブだと知り、従業員一同で大喜び。製造した飴はプレゼントするので、飴の写真を載せてほしいと交渉すると、BBさんは「オッケ~」と快く引き受けたそうです。

完成した飴の写真を送ると、BBさんは「Soooooooo cool ha!!」と大喜び。イニシャル入りの飴3500個を製造し、うち500個を国際輸送しました。しかし、その後から突如として連絡が途絶えてしまい、BBさんの『Instagram』に写真が載ることもありません。今年の3月で飴3000個の賞味期限が切れてしまうようで、サエコさんは「BBさん連絡ください」と切実にお願いしていました。

ネット上では、「バックレはひでえ」「悲しい」「誰か今日の飴の放送ベッカムに教えてやれ」といった反応が。チャンスかと思いきや不幸にも在庫を抱えることになってしまったエピソードに、視聴者からは同情の声が多くあがっている模様です。

しばざきだいすけの記事一覧をみる
しばざきだいすけ

記者:

映画とアニメが好きな学生ライターです。最近はスニーカーにはまっています。

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会