体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【ホラー通信セレクト 今週公開の映画】2017/1/13号:未体験ゾーン2018『ザ・ヴォイド』『ラディウス』『ミッシング・チャイルド 』ほか

ホラー通信がセレクトする今週公開の映画をご紹介します。今週も特集上映『未体験ゾーンの映画たち2018』から作品がドドンと公開されます。

アストロン6をご存知でしょうか? 総製作費8万円と謳われる(実はもうちょっとかかってるらしい)愛すべきDIY系SFアクション『マンボーグ』と、トロマ・エンターテインメントのもとで制作した、父親殺人鬼ファックマンへの壮絶な復讐を描くトンデモバイオレンスアクション『ファーザーズ・デイ/野獣のはらわた』が2013年にダブルで日本公開され、ジャンル映画ファンの口をあんぐりさせたカナダの5人組映像集団です(名前は6でも5人組!)。そんなアストロン6のなかでもひときわ人の良さそうなメンバー二人(ジェレミー・ギレスピー、スティーヴン・コスタンスキ)が手掛けたSFホラーの大注目作『ザ・ヴォイド』が『未体験ゾーン2018』でついに日本上陸! 二人とも『パシフィック・リム』などのメジャー作品にクリエイターで参加する実力派。『ザ・ヴォイド』にはマンボーグ役でおなじみのアストロン6メンバー、マシュー・ケネディも出演しております! 『ザ・ヴォイド』が気になったら是非ともアストロン6の名前も覚えて帰ってね!!

そして、このほかホラー通信でご紹介し反響の大きかった半径15メートル以内即死スリラー『(r)adius ラディウス』、映画批評サイトRotten Tomatoesで脅威の批評家満足度100%を記録した『ミッシング・チャイルド ~呪いの十字架~』、人気バンド・スリップノットのショーン・クラハンが監督を務めた、邦題も最高な過激バイオレンスアクション『アンデッド刑事<デカ>  野獣捜査線』、『デッドプール』のネガソニック役が記憶に新しいブリアナ・ヒルデブラントがSNS人気のために人を殺しまくる女子高生を演じる『トラジティ・ガールズ』など、粒揃いの映画が続々公開。

今週も忙しいぞ! インフルエンザや風邪には気をつけてお出かけくださいね。それでは今週もいってらっしゃい!

『未体験ゾーンの映画たち2018』

各作品、上映回数が限られているため上映スケジュールを公式サイトにてご確認ください。
公式サイト:https://aoyama-theater.jp/feature/mitaiken2018

『ザ・ヴォイド』 1月13日公開

<ストーリー>
深夜のパトロール中、保安官のダニエルは血まみれの姿で閑散とした道路に立っている男を目撃する。ダニエルはその男を追って人里離れた田舎の病院にたどりつくが、そこにいる患者と病院関係者は何か「人間ではないもの」に変身しようとしていた。そんな中、銃を持った中年男と斧を持った若者も病院内に乱入、怪物を倒すも人間たちにも好戦的な態度を取る。さらに病院の外では大型ナイフを持った白装飾のカルト集団に包囲されてしまう。病院の内外では怪物とカルト集団がうごめき、人間たちにも誰が敵か味方か分からない疑心暗鬼が渦巻く。逃げ場なしの絶体絶命の中で、ダニエルは生き残った者達を率いて何とかその病院から脱出しようと試みる…。

『ミッシング・チャイルド ~呪いの十字架~』 1月13日公開

<ストーリー>
老婆首吊事件の捜査をしていた精神学者フレイルは、3年前に失踪した彼の息子について老婆が執拗に調べていたこと、その周囲で不可解な死が次々と発生していたこと、死んだ者たちには秘められた忌まわしき過去があったことを知る。一方、彼が働く病院の向かいの弧島で、夫婦と未亡人が古い家を改装して民宿開業の準備をしていたが、ある日、“何か”が彼らを襲う。誰もいないはずの島に自分たち以外の存在を確信するも、迎えの船を呼ぶことができず島に取り残されてしまった3人。連鎖する不可解な死と3人を襲う“何か”、まったく無関係にみえたこの2つの奇怪な出来事は、60年前に消えたある少年を通じて、複雑に絡み合っていた…。

1 2 3次のページ
レイナスの記事一覧をみる

記者:

デザイナーと記者の二足のわらじ。ふだんはホラー通信(http://horror2.jp/)で洋画ホラーの記事ばかり書いています。好きなバンドはビートルズ、好きな食べ物はラーメンと角煮、好きな怪人はガマボイラーです。

TwitterID: _reinus

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。