ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

NokiaがIFTTTでスマートホーム機器と連携可能な睡眠センサーと健康管理アプリのAmazon Alexa対応を発表

DATE: BY:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
NokiaがIFTTTでスマートホーム機器と連携可能な睡眠センサーと健康管理アプリのAmazon Alexa対応を発表

Nokiaは1月9日から12日にかけて開催中の展示会『CES2018』で、睡眠センサー『Nokia Sleep』と、健康管理アプリ『Nokia Health Mate』の『Amazon Alexa』への対応を発表しました。

『Nokia Sleep』は、マットレスの下に敷くパッド型の睡眠センサーで、睡眠時間や中断回数、深い眠りと浅い眠り、REM睡眠、いびきを検出可能。Wi-Fi経由でスマートフォン上の健康管理アプリ『Nokia Health Mate』と自動で同期し、ユーザーはアプリ上で睡眠データの履歴やユーザー向けにカスタマイズされたアドバイスやコーチングプログラムを見ることができます。

ウェブサービスや機器を連携させるサービス『IFTTT』に対応。『Nokia Sleep』がスイッチとして機能し、照明や音楽、サーモスタットを制御するスマートホーム連携により、睡眠環境の最適化が可能になります。プレスリリースでは、ユーザーが眠りに入ると自動的に室温を下げるような連携を例示しています。

2018年の第一四半期に99.95ドルで発売を予定。日本での発売日と価格は後日発表を予定しています。

Amazonのクラウドベースの音声アシスタント『Amazon Alexa』に機能を追加するAlexa スキルとして、『Nokia Health Mate』が1月8日からβ公開されています。ユーザーは、『Amazon Echo』などのスマートスピーカーから音声操作で自身のアクティビティ、睡眠または体重に関するカスタマイズされたインサイトを確認することができます。

nokia_ces2

この発表に合わせて、心拍計を搭載するアナログ腕時計型活動量計『Steel HR』の新色も発表されました。2月に発売される新色のローズゴールド版では、バンドに黒の皮バンド、青の皮バンド、グレーのシリコンバンド、黒のシリコンバンドの組み合わせが選択可能。日本で発売されるモデルや発売日、価格は後日発表を予定しています。

shnskの記事一覧をみる ▶

記者:

宮原俊介(編集長) 酒と音楽とプロレスを愛する、未来検索ブラジルのコンテンツプロデューサー。ゲームコミュニティ『モゲラ』も担当してます

ウェブサイト: http://mogera.jp/

TwitterID: shnskm

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。