体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ベビーカーの出し入れ楽勝! 使い勝手抜群のN-BOXはママの味方!

▲小さい子供とのお出かけに必須のベビーカー、車に積むとなると結構な荷物になります。そこで、1泊旅行に行くとしたら、ちゃんとベビーカーや荷物が積めるのか、使い勝手はどうなのか、ママ目線で検証します!

▲小さい子供とのお出かけに必須のベビーカー、車に積むとなると結構な荷物になります。そこで、1泊旅行に行くとしたら、ちゃんとベビーカーや荷物が積めるのか、使い勝手はどうなのか、ママ目線で検証します!

大型ベビーカー、車にちゃんと積める!?

小さい子供とのお出かけにマストハブなのが、そうベビーカー。

これ、結構な体積と重量ですよね。特に、新生児期から使用できるリクライニング式背もたれや可動式シートを装備した、A型といわれるベビーカーはなおさら。

折り畳めるとは言うものの、「あれ? 案外小さくならない……」というのが実態です。

▲こちらは、1泊2日の旅行スタイル。短期間とはいえ、子供の荷物が盛りだくさん! スーツケースの中にはオムツと予備を含めたお着替え、離乳食やミルクにおもちゃ……と、ママは荷物が膨大。ベビーカーは昨年4月に発売された「サイベックス ミオス」

▲こちらは、1泊2日の旅行スタイル。短期間とはいえ、子供の荷物が盛りだくさん! スーツケースの中にはオムツと予備を含めたお着替え、離乳食やミルクにおもちゃ……と、ママは荷物が膨大。ベビーカーは昨年4月に発売された「サイベックス ミオス」

これでは、ノープランで車を買ったり借りたりしたときに、「キャー!!! 載らない……」なーんて悲劇が起こりかねません。

そこで、ベビーカーを載せてドライブ旅行に出かけるなら、どんな車が最適なのか?

新米ママである筆者が、自らのベビーカーを実際に車に積んで試してみました。

今回、検証する車は、ホンダ N-BOXです。

▲ホンダのトールワゴン、N-BOX。2016年度、2017年度上半期ともに軽自動車の新車販売台数1位に輝いた人気モデルです(全国軽自動車協会連合会「軽四輪車新車販売台数確報」より)

▲ホンダのトールワゴン、N-BOX。2016年度、2017年度上半期ともに軽自動車の新車販売台数1位に輝いた人気モデルです(全国軽自動車協会連合会「軽四輪車新車販売台数確報」より)

まずは王道。ラゲージへの荷積みにトライ!

ラゲージに、家族の荷物を詰め込んだスーツケースをまず積みます。そして、空いたスペースにベビーカーを載せることに。

荷室は高さがあるため、荷物の出し入れの際に頭をぶつけるなどの心配がありません。

加えて、床部分は地上からの高さが低いため、荷物の出し入れがスムーズなのは嬉しいところ。

重い荷物って腰に負担がかかるので、持ち上げる高さが低くて済むのは体力の衰えを感じる高齢ママにはありがたいのです。

ここまではいいこと尽くし!

さて、いよいよ本丸の息子の愛車「サイベックス ミオス」を入れることに。

しかし、ここで思わぬ誤算。折り畳んで直立させた状態ではギリギリドアが閉まらない!

▲荷室地上高が低いので、荷物を入れるのは楽々♪ だったのですが、「入った!」と思ったらドアが閉まりません……

▲荷室地上高が低いので、荷物を入れるのは楽々♪ だったのですが、「入った!」と思ったらドアが閉まりません……

ベビーカーの畳み加減にもよるのではと思い、限界まで折り畳み、かつ車体を横に倒して押し込むようにして載せたところ、ギリッギリ収納に成功しました。

▲ベビーカーを横にして押し込んだら、なんとか入りましたが……
1 2 3次のページ
日刊カーセンサーの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。