体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

演劇『ハイキュー!!』秋公演で烏野キャスト全員卒業!須賀健太「入部して3年……実際の高校生活を1回分体験した」

古舘春一先生の大人気バレーボール漫画『ハイキュー!!』(集英社「週刊少年ジャンプ」連載中)を舞台化したハイパープロジェクション演劇『ハイキュー!!』。

2015年11月の初演から、2016年4月の再演“頂の景色”、同年10月の“烏野、復活!”、 2017年3月の“勝者と敗者”、2017年9月の“進化の夏”……、そして2018年4月からは新作公演“はじまりの巨人”の上演が控えている人気シリーズ。

これまで全シリーズ全国の映画館にて大千秋楽ライブビューイングを開催。また、演劇の枠にとどまらず、2017年4月には『ハイパープロジェクション演劇「ハイキュー!!」展』を約1ヶ月間開催するなど、展開を広げてきた本シリーズ。

今回、春公演“はじまりの巨人”を前に、早くも秋公演の上演が決定! しかし! 物語の主役校である烏野高校排球部のキャストが秋公演で“全員卒業”することが発表されました……。

全員!? 春から新キャストとして加わる人もいますが……けっこう衝撃的な決断。

烏野高校のキャストの多くは、初演からこの作品に参加し、作品と共に進化をし続けてきました。そんな彼らを代表し、日向翔陽を演じ、さらに座長として演劇『ハイキュー!!』を初演から牽引し続けている須賀健太さん、そしてクリエイターを代表して演出・脚本を担当するウォーリー木下さんから、この2018年烏野キャスト卒業発表についてコメントが届いています。

<演出・脚本 ウォーリー木下>
はじまりがあればおわりがある。わかってるけど寂しさしかない。
劇団「ハイキュー!!」と自然発生的に呼ばれ始めたときは嬉しかったな。初は「バレーボールをどうやって演劇でやるの?」ってところばかり着眼されてて、でも途中から「次はいったい何をするの?」ってところでみんながわくわくしてて、それの連続だった。この3年は自分にとって「演劇って楽しい」「バレーボールって楽しい」ってことしかなかった。それはもうみんなのおかげだ。烏野高校排球部。彼らが創った演劇「ハイキュー!!」のヤバイところを挙げろと言われたら何時間でも語れる。だからもしもまだ観てないのなら絶対に観て欲しい。観ればわかる。こいつらホントにすごいんだ。演劇バカ。こんなにやってて魂が震える稽古場はないよ。褒めすぎかもしれないけど、今は愛しかない。さ、走り抜けよう。青春のように。

<日向翔陽役 須賀健太>
演劇「ハイキュー!!」が始まり、烏野高校排球部に入部してから早いもので3年!
年数としては実際の高校生活を1回分体験したことになります。
だからこそこのタイミングでの卒業というのも何か運命的なものを感じたり……
正直まだまだ実感はありませんが……笑

『新しい演劇をつくる!』を掲げて、 ここまで汗をかいて走って来た演劇「ハイキュー!!」です。
最後まで“上を見上げて”突っ走って行けたらと思います。
応援のほどよろしくお願いします!

<2018年春公演概要>
タイトル:ハイパープロジェクション演劇「ハイキュー!!」“はじまりの巨人”

原作:古舘春一「ハイキュー!!」(集英社「週刊少年ジャンプ」連載中)
演出・脚本:ウォーリー木下
音楽:和田俊輔
振付:左 HIDALI
共同脚本:入江おろぱ

<公演期間・劇場>
東京:2018年4月28日(土)~5月6日(日)日本青年館ホール
兵庫:2018年5月12日(土)~13日(日)あましんアルカイックホール
福岡:2018年5月18日(金)~20日(日)福岡国際会議場 3Fメインホール
宮城:2018年5月25日(金)~27日(日)多賀城市民会館 大ホール
大阪:2018年6月1日(金)~3日(日)オリックス劇場
東京凱旋:2018年6月8日(金)~17日(日)TOKYO DOME CITY HALL

<チケット情報> 
一般発売日 2018年3月25日(日)10:00
東京・兵庫・東京凱旋公演    S席:8,800円 A席:6,800円(全席指定・税込)
福岡・宮城公演    8,800円(全席指定・税込)
大阪公演 S席:8,800円 A席:6,800円 B席:4,800円(全席指定・税込)

1 2次のページ
nonの記事一覧をみる

記者:

アニメや可愛いものが大好き。主にOtajoで執筆中。

ウェブサイト: http://otajo.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。