体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

Garmin、安くなった「vívofit 4」を発売、充電無しで丸1年使用可能に

米 Garmin は 12 月 26 日、アクティビティトラッカーの代表作「vívofit」の新作「vívofit 4」を正式に発表しました。米国では既に発売中で、価格は $79.99 となっています。vívofit の第 4 世代モデル「vívofit 4」では、バッテリーの持続時間が 1 年以上へと大幅に向上しており、仕様上は丸 1 年充電しなくても日々のアクティビティを記録できるようになりました。また、前身となる vívofit 3 よりも $20 安くなっている点も注目ポイントです。外観は vívofit 3 と同様にスマートウォッチタイプですが、少しスタイリッシュになったように思います。また、水泳中の使用にも耐える外装設計に変更されました。縦横 0.43 インチ 88 x 88x ピクセルの 8 カラーディスプレイは直射日光の下でも見やすいとされています。毎日の生活で歩数や消費カロリー、行動時間、睡眠時間を記録するだけでなく、Move IQ に対応しており、走ったり運動を開始した時にはそれを検出して自動的に記録します。vívofit 4 では SR43 ボタン電池 2 個を使っており、ユーザーで交換することもできます。また、メモリは約 4 週間分のアクティビティを保存できるようになっていますが、Garmin Connect に対応するのでスマートフォンとデータを同期させることもできます。vívofit 4 のバリエーションは White、 Limegreen Speckled、Black の 3 色で、White と Limegreen Speckled には S サイズと M サイズ、Black にはさらに L サイズも用意されています。Source : Garmin

■関連記事
Android TV版「torne mobile」を使ってnasneのテレビ番組をAndroid TVで視聴する
「Google Playプロテクト」がマルウェアを検出するとどうなる?
SamsungのBixby HomeとBixby Voiceがバージョンアップ

juggly.cnの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。