体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ブロックチェーンを活用した直販プラットフォーム「INS Ecosystem」が開発中

モスクワで2017年春から開発がすすめられている「INS Ecosystem(アイ・エヌ・エス・エコシステム)」は、農家やメーカーなどの生産者と消費者をつなぎ、商品を直接販売する、ブロックチェーン技術をベースとしたオンラインプラットフォーム。

卸売業者はもちろん、食料品や日用雑貨の市場で影響力を持つ小売チェーンを介在させないことにより、消費者に良質な商品を安く届け、生産者の収益性を向上させることを目的としている。

・ブロックチェーンを活用し、生産者と消費者を直接つなぐ

「INS Ecosystem」は、ブロックチェーンプラットフォームのイーサリアム(Ethereum)をベースとし、「INS」と呼ばれる独自トークンを発行。

生産者が「INS Ecosystem」に販売したい商品とその価格を登録し、消費者がオンラインで注文すると、生産者は、配送拠点となる“フルフィルメントセンター”まで商品を輸送し、さらに、「INS Ecosystem」が委託する配送業者が消費者の指定場所まで配送する仕組みだ。

消費者から生産者への支払には、ドルをはじめとする法定通貨、ビットコインやイーサリアムといった仮想通貨に加え、「INS」のトークンも利用可能。

一方、生産者は、自社が保有する「INS」を、クーポン券や付与ポイントとして消費者に割り当てることができる。

・2018年内の本格稼働を目指す

「INS Ecosystem」には、多くの生産者が関心を寄せており、すでにユニリーバやマース(Mars)らの大手メーカーが、このプラットフォームへの参入の意思を示す覚書に署名している。

また、「INS Ecosystem」では、2017年12月、ICO(新規仮想通貨公開)を通じ、およそ4200万ドル(約47.5億円)の資金調達にも成功。

2018年内にオンラインプラットフォームを完全稼働させるべく、さらに開発を加速していく方針だ。(文 松岡由希子)

INS Ecosystem

Techableの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。