ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

ここがヘンだよ“架空請求ハガキ” 山梨県警の「ツッコミ入れてみた」ツイートが話題に

DATE: BY:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
yamanashipolice

「民事訴訟管理センター」を名乗る機関からハガキが届き、身に覚えのない料金請求を迫られるケースが後を絶たないようです。

今年3月下旬頃から相談件数が急増し、国民生活センターが「『民事訴訟管理センター』からの架空請求ハガキは無視してください!」と注意を呼び掛けているものの、10月29日時点で1万4000件を超える相談が寄せられていたとのこと。「国民訴訟通達センター」「民事訴訟告知センター」など、微妙に名前を変えて送られてくるケースもあるので要注意です。

そんな中、山梨県警察の『Twitter』公式アカウントが「架空請求ハガキを受け取ったことがありますか?」とツイート。


一度見ておけば、抵抗力がついて詐欺を見破れます(ハガキはツッコミどころ満載) でも、始めて見た人は驚いてだまされてしまいます だから皆さん、このツイートを家族等と共有し、詐欺への抵抗力を高めてください だまされないために (原文ママ)

と、実際に「民事訴訟告知センター」から送られたハガキを例にとり、「架空請求ハガキにツッコミ入れてみた」という画像を添えて紹介しました。

その内容を見てみると、

・「告知のお知らせ」って「腹痛が痛い」みたいだな。
・「わ(309)」って、ちょっとだけリアル感あるけど詰めが甘いわ。
・「原告側」って、だから一体どこの誰だよ?
・訴訟取り下げの相談に応じてくれるの? 法務省が?
・「プライバシー」って、ハガキで送っといて何言ってんの?
・お前がプライバシーに配慮しろよ!

などと、全13項目にわたるキレッキレのツッコミを披露しています。どれも「なるほど」と思える内容ですが、確かに突然ハガキが送られてきたら不安を感じる人も少なくないかもしれません。

このツイートのリプライ欄には、「すごく分かりやすくタメになって防犯にもなる」「冷静に対象できる気がしてきた」「警察の方がこういうツイートしてくれると心が和みます」といった好感の声が寄せられている模様です。いざという時に備え、一度目を通してみてはいかがでしょうか。

※画像は『Twitter』(@yamanashipolice)より引用

よしだたつきの記事一覧をみる ▶
よしだたつき

記者:

PR会社出身のゆとり第一世代。 目標は「象を一撃で倒す文章の書き方」を習得することです。

TwitterID: stamina_taro

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。