体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

超スタイリッシュな次世代型ワイヤレス充電器「VOLT」

モバイルバッテリーも、ワイヤレス充電に対応する時代がやって来た。

クラウドファンディングサービス「Kickstarter」で発表された「VOLT」は、まるで警察手帳のような形状のモバイルバッテリー。そう、これはあくまでもモバイルバッテリーだ。

2018年のトレンドになり得る逸品でもある。

Qi対応モバイルバッテリー

VOLTはスマホスタンドも兼ねている。卓上に据え置きのガジェットとしても十分に使うことができ、各規格のプラグを差し込んでそこから充電することも可能だ。

だがやはり、この製品の持ち味はワイヤレス充電である。

VOLTはQi対応の製品で、最新ナンバーのiPhoneならばVOLTの充電パネル上に置くだけで充電が始まる。VOLTのバッテリー容量は8000mAh。iPhone8ならば満充電2回分、と書けば分かりやすいか。

ちなみに、上記の製品の名は厳密には「VOLT One」で、このVOLT Oneを最大5個同時に充電できるドック「VOLT Hive」も、同じページ内で出展されている。

最安の出資枠はすでに締め切り

この製品、Kickstarterでは1個69ユーロ(約9300円)から提供されている……と言いたいが、こちらの枠はすでに埋まってしまった。

2017年12月26日の時点では、89ユーロ(約1万2000円)の枠が残っている。なお、これはVOLT Oneのみの価格である。VOLT Hiveの枠は、1個345ユーロ(約4万6400円)から。

配送は5月を予定している。

Kickstarter

Techableの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。