体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

Nokiaのアナログ腕時計型活動量計『Steel HR』レビュー アナログとスマートのいいとこ取りになった高機能モデル

Nokiaのアナログ腕時計型活動量計『Steel HR』レビュー アナログとスマートのいいとこ取りになった高機能モデル

Nokiaが12月15日に発売した腕時計型の活動量計『Steel HR』のレビューをお届けします。

steelhr_rev2

『Steel HR』は、Nokiaが仏Withings社から取得したデジタルヘルス関連製品で、腕時計型の活動量計『Steel』の上位モデルという位置づけの製品。『Steel』で可能だった歩数や運動、睡眠の記録といった活動量計の機能に加えて、心拍計とデジタルのサブディスプレーを搭載しているのが大きな特徴です。直径36mm、リストバンド幅18mmのモデルと、直径40mm、リストバンド幅20mmのモデルをラインアップしていますが、今回は直径40mmモデルを使用しました。

steelhr_rev3

本体は、USBケーブルで電源に接続する付属の充電台に載せて充電が可能。満充電の状態で、最長25日間の連続使用ができます。

steelhr_rev4

測定結果は専用スマートフォンアプリ『Nokia Health Mate』で管理します。アプリの案内する手順に沿ってペアリングと各種設定をすればセットアップ完了。

steelhr_rev5 steelhr_rev6

心拍計は常時、自動で心拍数を計測。1日の平均心拍数と、睡眠時には健康を表す指標である安静時心拍数をアプリから確認できます。

steelhr_rev7

心拍計を搭載した分、従来モデルの『Steel』より本体の厚みが増しているのですが、心拍計センサを搭載する中心部に向けてすり鉢状の形状になっているため、装着時には厚みを感じさせません。スマートウォッチやスポーツウォッチなど、ゴツい腕時計型の端末は、寝ているときに装着するのが邪魔になる印象を持ってしまうのですが、『Steel HR』はフィット感がよく、常時装着していてもほとんど違和感がありません。

steelhr_rev8 steelhr_rev9

活動量計としては、歩数と移動距離、消費カロリー、睡眠、アクティビティとしてウォーキングやランニングなどを計測可能。本体は50m防水で、スイミングのアクティビティも自動で記録できます。

1 2次のページ
shnskの記事一覧をみる

記者:

宮原俊介(編集長) 酒と音楽とプロレスを愛する、未来検索ブラジルのコンテンツプロデューサー。ゲームコミュニティ『モゲラ』も担当してます

ウェブサイト: http://mogera.jp/

TwitterID: shnskm

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy