体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ドローンやアクションカムにも?スマホで操作できる「PITTA」は4K撮影にも対応

普段はアクションカム。セルフィー撮影や空撮をしたい時にはドローン、自宅ではセキュリティカメラ。そんなカメラがあったら快適ではないだろうか?それが、今回紹介する「PITTA」だ。

さまざまなジャンルのカメラが売られる中、それらを1つにまとめたオールインワンなカメラになっているぞ。

・スマホで飛ばせて自動追尾機能付き

PITTAは、モジュール式に用途にあったパーツを切り替えることでさまざまなな使い方ができる、4K30fps動画対応の小型カメラだ。プロペラパーツを取り付けることでドローンに切り替わり、スマホで飛ばすことが可能。

自動で360°回転してパノラマ撮影をしたり、タイムラプス撮影や、目標物を自動で追尾してくれる機能があったりと、なかなか使い勝手の良いドローンなのだ。これでセルフィー写真だけでなく、セルフィー動画だって簡単に撮れることだろう。

・アクションカムやセキュリティカメラとしても使える

本体には通常の三脚穴が付いているので、普段使っている三脚やマウントを取り付けてアクションカムとして使うことも可能だ。単体の重さは200gなので、およそスマホと同じくらいの重量になるだろう。もちろん映像の確認もスマホからできる。

さらに、自宅に置いてWiFiを接続すれば、遠隔からスマホでカメラの映像をリアルタイムで確認することもできる。ドローン、アクションカム、セキュリティカメラが1つになった魅力的なカメラといえるだろう。

PITTAは、現在Kickstarterにて出資を募っており、今なら1台268ドル(約3万460円)で出資注文することができる。キャンペーンは2018年2月3日まで実施されているぞ!

決して安いカメラとはいえないが、各カメラを別々で買うより、安上がりに抑えられるのはまちがいないだろう。

執筆:Doga

PITTA/Kickstarter

Techableの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy