体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「探していた娘を世話してくれたのは嬉しいが、ちょっと待てよ?」実の父娘対面で事態は更に複雑に! ~ツッコみたくなる源氏物語の残念な男女~

息子たちがズラリ!仲違いしていた親友と久々の対面

源氏から大事な話があるらしいと聞き、頭の中将は大きな息子たちを10人以上引き連れて登場。背も高く肉付きもよく、体格も顔も歩き方もいかにも大臣らしい、立派な恰幅の紳士です。息子たちも既に役職についており、皆華やかで堂々としています。

これに対して作者は源氏の服装や光り輝く美貌を決まり文句で褒めていますが、息子たちをズラリと並べた頭の中将の威勢に抗すべく、主人公なんだから褒めておかなきゃ、という気配すらします。

最近は後宮での争いや夕霧と雲居雁のことで気持ちが通わない2人でしたが、お酒が入り、昔話に花が咲き出すと昔の親友同士に戻ったようになりました。大宮も二人の様子を見て、亡き娘・葵の上が生きていれば…と思って泣いています。

「昔は公私を問わず親しくさせていただいたのに、大人になって身分が重くなるにつれ、気軽に会えなくなったことが残念でした。いろいろな事があったけど、私からあなたへの友情はずっと変わりません」と源氏が言えば、頭の中将も仰る通りだと応じます。しばらく会っていなくても、話せば分かり合えるのが友達のいいところですね。

そしてついに、源氏は玉鬘のことを切り出します。頭の中将は大変驚いて「まるで奇跡のようなお話です。若い日にちらとお話した昔の恋人との間の娘が、こうしてあなたに養われていたとは!……生きているなら再会したいと思い続けていた子でした」と涙を拭います。

こうして思い出話が尽きぬまま深夜になり、ついに会談もお開き。「懐かしすぎて帰る気になれない」と名残惜しいお別れになりました。

「ちょっと待てよ?」冷静になって考えた実父の結論

玉鬘のこともわかり、久々の昔話も楽しかった。頭の中将は来た時同様、大勢で賑やかに帰っていきます。父が妙にゴキゲンなのを、詳細を知らない息子たちは(父上は急にどうしたんだろう?)(今度は太政大臣になってくれとか、そういう話だったのかな?)。いや、君たちに新しいお姉さんができたんだよ!

でもちょっと引っかかるのが、夕霧と雲居雁の話はなにもなかったこと。(わざわざこちらから言うのもアレだと思って黙っていたが、結局その話はなかったな)。てっきりこの件だと思って気合入れて来たのに、実際は違ってちょっとモヤモヤ。

ともあれ、玉鬘には早く会いたくてたまりません。でも、本当の親だからと、今から急に引き取るのもどうだろう。更に冷静に考えていくと(そもそも、源氏があの子を大事に世話してくれたのも、要するに下心がコミだったからではないのか。とすれば、既に手を出しているに違いない。

他のご夫人方の手前はっきり愛人とはせず、とはいえ世間体もあるので、まずは私に打ち明けたということなのだろうな。)さすが親友、源氏の魂胆をズバリと見抜いています。

続けて、玉鬘の今後についても(太政大臣夫人となるのは悪くない話だが、宮仕えの件は少々厄介だ。弘徽殿女御とその母親(=頭の中将の正妻)が不快に思うだろう。何にせよ、育ての親の源氏の意向に従うほかない)。

弘徽殿女御の母親は、頭の中将の正妻で朧月夜の姉。その昔夕顔に嫉妬して、実家(当時の右大臣家)に頼んで脅迫し、頭の中将との連絡をつかなくさせた張本人です。

正妻さんからすれば、玉鬘の宮仕えは「かつて追いやったはずの愛人の娘が、うちの娘の邪魔しに来た!復讐のつもりか!!」くらいの剣幕になってもおかしくはない話。うーん、誰にとっても嬉しい話というのは、なかなかないのですね。

1 2 3次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy