体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【ホラー通信セレクト 今週公開の映画】2017/12/22号:禁断の臨死実験『フラットライナーズ』

ホラー通信がセレクトする今週公開の映画をご紹介します。

今週は、1990年の映画をリメイクした『フラットライナーズ』が公開に。医学生たちが行った、死後の世界を解明するために自身の心臓を停止させ1分後に蘇生させる禁断の実験、そしてそこから巻き起こる恐ろしい現象を描きます。オリジナル版からどう変わっているのか? 今作の見どころは? 気になるその辺りはこちらの記事にまとめていますよ↓
記事:リアルなキャラクターに感情移入し、“死後の世界”を擬似体験――禁断の実験を描くリメイク版『フラットライナーズ』の見どころ
主演のエレン・ペイジ、『ローグワン』の出演も記憶に新しいディエゴ・ルナほか、医学生たちを演じる俳優陣が親近感のわく魅力的なキャラクターを作り上げています。そちらにも是非ご注目くださいね。

さて今年もあと少し。悔いを残さないよう観たい映画はお見逃しなく。それでは今週も行ってらっしゃい!

『フラットライナーズ』  12月22日公開

<ストーリー>
医学生のコートニーは、“人は死んだらどうなるのか?”という好奇心で<禁断の臨死実験>に挑む。「私の心臓を止めて1分後に蘇生してほしい。」死後の世界を垣間見た彼女は、突然ピアノを弾けるようになるなど不思議な能力が覚醒する。その驚くべき光景を目の当たりにした仲間たちは3分…5分…と臨死時間を競い合うかのように延ばしエスカレートしていくが、臨死《7分》が過ぎた時、そこには想像もつかない恐ろしい代償が待っていた――。

上映館:TOHOシネマズ六本木ヒルズほか全国
この映画の記事:リアルなキャラクターに感情移入し、“死後の世界”を擬似体験――禁断の実験を描くリメイク版『フラットライナーズ』の見どころ
リンク:映画公式サイト

ホラー・カルト映画&ホラーエンタメ情報の『ホラー通信』はこちら – http://horror2.jp[リンク]

レイナスの記事一覧をみる

記者:

デザイナーと記者の二足のわらじ。ふだんはホラー通信(http://horror2.jp/)で洋画ホラーの記事ばかり書いています。好きなバンドはビートルズ、好きな食べ物はラーメンと角煮、好きな怪人はガマボイラーです。

TwitterID: _reinus

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。