体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

企画開始から19年『ぐるナイ』ゴチ史上唯一の連続レギュラー・国分太一がついにクビ!

日本テレビ『ぐるナイ!ゴチ大精算SP』が12月21日に生放送され、今年のクビメンバーが決定した。


料理の金額予想最下位がみんなの分もまとめて自腹で支払う人気企画「ゴチになります!」は、その年最後に、クビメンバーと翌年のレギュラーメンバーを決めることが恒例となっている。

今回、早々にクビになったのは、ナイナイの矢部。これで4度目のクビとなる。

そして、残り1人のクビは、なんと国分太一(TOKIO)。ゴチ開始以来、19年間、対決メンバーとしてコーナー史上唯一、最初から1度もクビにならずにレギュラーで出演してきた国分。コーナーシリーズ18にしてその記録はストップ。初のクビとなった。

ナイナイ岡村は、「ゴチはクビになったけど、昔のように“温泉クイズ”またやろうよ」と声をかけた。

国分は、目にうっすら涙を溜め、「ゴチは19年やってますけども、夕方の『ぐるナイ』からナイナイさんといろいろロケをやらせてもらって、今僕がこうやって仕事が出来ているのはお二人のおかげだと思っていますので、本当にありがとうございました」と挨拶。

「19年いるってことは、もう卒業しなきゃいけないのかなと、いつも思ってもいました。もう43歳っす(笑)。クビにはなりますけど、ポジティブに考えて、次のステージでまた頑張っていけたらと思います。今までクビになったいろいろな方いましたけども、本当にゴチって素敵なチームです。みなさん、これからもゴチを愛し続けて欲しいと思います。本当にありがとうございました」と、19年間務めたコーナーレギュラーを去る思いを語った。

番組最後に、クビとなった矢部、国分、そして卒業の二階堂ふみが退場。司会の羽鳥慎一と残留メンバーが「ありがとう!」「ありがとうございました!」と言って送り出した。

国分に対しては「ゴチになります!」の言葉で見送ってほしかったと思いつつ……、今後の国分の『ぐるナイ』への出演が気になるところだ。

ぽんの記事一覧をみる
ぽん

記者:

テレビが好きだポン。NHKの受信料はちゃんと払ってるポン。

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy