体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

川上量生ドワンゴ会長が退任・取締役CTOに ネットでは「最大株主であることは変わらない」という見方も

kawango_dwango_01

ドワンゴは2017年12月21日に川上量生代表取締役会長が退任し、取締役CTO(最高技術責任者)になることを発表しました。なお、KADOKAWAやドワンゴなどの持ち株会社カドカワの代表取締役社長は変わらずに務めることになります。

プレスリリースを通じて、川上氏は次のようにメッセージ。

本日付でドワンゴの代表取締役会長を退任し、代表権を有しない取締役となりました。今後は、新規ビジネス及びそれを支える技術の開発に一層注力してまいります。niconicoの運営とサービスはドワンゴ取締役の栗田穣崇が責任者としてユーザーの皆様と向き合い、ユーザーとともに作り上げるniconicoの原点に戻って改善を進めてまいりますので、どうか引き続きご期待いただきますようお願い申し上げます。

『niconico』は2017年11月28日に新バージョン『niconico(く)』についての発表会を行いましたが、鳴り物入りでリリースする『nicocas』が不評だったばかりか、『ニコニコ動画』『ニコニコ生放送』の性能アップについては目立った発表がなく、ユーザーから厳しい声が続出。それを受けて川上氏名義で謝罪があったほか、2017年12月12日には「動画と生放送サービスに対する意見交換会」を生放送で行う事態となり、その場で『niconico』の責任者から川上氏が降り、今後は栗田穣崇ドワンゴ取締役が指揮を取ることが発表されていました。

川上氏の退任について、ネットでは「niconicoの惨状からしたらそうなる」といった反応が大勢で、「どこまで変わるか見もの」という期待の声があった一方で、「最大株主であることは変わらない」「ユーザーからするとほとんど変化がないのでは」と冷めた見方も多数ありました。

とりわけユーザーが求める『ニコニコ動画』『ニコニコ生放送』の快適化などを早期に実現することができるか注目されます。一方で川上氏は「立ち上げ向きの人」という声もあり、新サービス開発がどう進めるのかも『niconico』再浮上のカギになるのではないでしょうか。

代表取締役会長の異動(退任)に関するお知らせ(株式会社ドワンゴ)
http://dwango.co.jp/pi/ns/2017/1221/index2.html [リンク]

ふじいりょうの記事一覧をみる

記者:

乙女男子。2004年よりブログ『Parsleyの「添え物は添え物らしく」』を運営し、社会・カルチャー・ネット情報など幅広いテーマを縦横無尽に執筆する傍ら、ライターとしても様々なメディアで活動中。好物はホットケーキと女性ファッション誌。

ウェブサイト: http://yaplog.jp/parsleymood/

TwitterID: parsleymood

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。