体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

年収300万円・月給20万円も今や“夢”!? 「若い世代は企業に騙されている」という意見も

nenshyu_300man_01

平成28(2016)年の国税庁の調査によると、1年を通じて勤務した給与所得者の1人当たりの平均給料・手当は357万円。ただ、男性が438万円で女性242万円と格差があるだけでなく、10年前の平成18(2006)年と比較すると133000円低くなっています。

そういった数字は実態にも現れている模様。ある『Twitter』ユーザーが次のようにツイートして話題となっていました。


年収300万は低い収入額としてよく引き合いに出される数字ではあるが毎月の収入が20万で夏冬にボーナス30万ずつもらってようやく達する金額であると考えるとなんかすごいな そこに全く到達していない人って、感覚としてはかなり多い気がする

これに対しては「手取りだと全く到達しない」「その半分以下」「なんとか100万越せている」「地方だと公務員ですら到達できない」といった反応が続出。また、1980年代後半のバブル期と比較して「手取りとなると当時の学生バイトの方が金額高い」「当時はトラック運転手でも月給60万くらいまでいったが、今は20万程度」といったツイートも見られました。

中には、次のようなツイートも。


月収20万は「夢」でした。実家に頼らずの子育てしながらでは融通のきく働き方を優先するしかなくて、結局夢のまま終わりそう。資格取ったりサビ残厭わず頑張ったりした時期もあったけど、その報われなさにイヤんなった。金輪際「活躍」なんかせず、好きにさせてもらいます

「若い世代は企業に上手く騙されて酷使されている」「金融市場と輸出企業だけが好景気」「税金が高い」といった声もあり、年収がなかなか上がらないことが浮き彫りになっているともいえる『Twitter』での反応。平均給与の底上げが図られない限り、実態経済が良くなるということもないのではないでしょうか。

※画像は『Twitter』より
https://twitter.com/psalm0909/status/939493235054931968 [リンク]

ふじいりょうの記事一覧をみる

記者:

乙女男子。2004年よりブログ『Parsleyの「添え物は添え物らしく」』を運営し、社会・カルチャー・ネット情報など幅広いテーマを縦横無尽に執筆する傍ら、ライターとしても様々なメディアで活動中。好物はホットケーキと女性ファッション誌。

ウェブサイト: http://yaplog.jp/parsleymood/

TwitterID: parsleymood

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy